山ちゃん&めぐさんのみ出演! 日本アニメ(ーター)見本市 第2弾「HILL CLIMB GIRL」予告公開

ITライフハック / 2014年11月12日 11時0分

写真

株式会社ドワンゴおよび株式会社カラーは、日本アニメーションの可能性を探る共同企画「日本アニメ(ーター)見本市」において、11月10日(月)より、第二弾作品「HILL CLIMB GIRL(ヒルクライムガール)」(監督:谷東、3Dディレクター:宮城健)の予告編映像を公開した。

また、11月10日(月)に放送されたニコニコ生放送「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」の番組内で、「日本アニメ(ーター)見本市」全作品の“声”を2人だけで担当する山寺宏一氏、林原めぐみ氏のコメントが公開された。

■第2弾作品「HILL CLIMB GIRL(ヒルクライムガール)」予告編映像公開
第二弾作品「HILL CLIMB GIRL(ヒルクライムガール)」は、谷東監督と3Dディレクター宮城健氏がタッグを組んだフル3DCGアニメーション作品。また、11月17日(月)に放送する「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」では、谷東氏と宮城健氏を招き「HILL CLIMB GIRL」の制作秘話の他、3DCGの魅力について語ってもらう。

・予告編映像視聴ページ:http://www.nicovideo.jp/watch/1415342944

■第二弾タイトル「ヒルクライムガール」概要
作品名:ヒルクライムガール
監督:谷東
3Dディレクター:宮城健
キャラクターデザイン:米山舞
声ノ出演:山寺宏一、林原めぐみ
アニメーション制作:スタジオカラー デジタル部

■ニコニコ生放送番組概要
番組名:「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」
放送日時:2014年11月17日(月)22時~23時(予定)
出演者:谷東氏、宮城健氏、氷川竜介氏(アニメ特撮研究家)
放送内容:本放送では「HILL CLIMB GIRL」上映後、制作スタッフを迎え、制作秘話や込めた想いを語ってもらう。
・番組ページ:http://live.nicovideo.jp/watch/lv199206611

■庵野秀明監督「声の出演は二人だけでしたい」
日本アニメ(ーター)見本市では、公開される全作品において登場するキャラクターの”声”を、同企画の立案者である庵野秀明たっての希望により、山寺宏一氏と林原めぐみ氏の2名が担当する。

映像作品において、”声”というものがどれだけの役割を担っているか。そういった、”声”の魅力も、日本を代表する声優である山寺宏一氏、林原めぐみ氏の声から感じてもらえるだろう。なお、以下、庵野監督、山寺氏、林原氏からのコメントである。

・株式会社カラー代表取締役社長庵野秀明氏コメント
日本アニメ(ーター)見本市は、作品ごとの統一性を一切無用とするオムニバス短編集として企画しています。だがその実現化の際に、映像画面はバラバラでもいいけど声はどうする、という問題がありました。

作品ごとに必要なキャストを毎回揃える事態は、スケジュール的にも予算的にもまるで現実的ではないからです。そこで即座に思い付いた解決策がキャストを男女2人に絞って、
全ての登場人物の声を演じてもらうというものでした。その方法で全話をこなしたアニメ番組の成功例もあるから大丈夫、とプロデューサーを説得しました。

では、具体的に誰に頼むのかとなった際に、瞬時に頭に浮かんだのが、山寺さんと林原さんのお二人でした。二人の名前にプロデューサーも速攻で納得しました(ちなみに、アニメ版監督不行届のキャストはこれを踏まえて、具申しています)。

あれから約1年、次々と完成しつつある作品の声を聞き乍ら、その直感は正しかったと実感しています。やっぱ、巧いです。凄いや、あの二人!

・山寺宏一氏コメント
素晴らしい企画!さすがカラーさん!注目を集めれば、そこから才能あるクリエイター達が世界に羽ばたいて行く事でしょう!

えっ?声は二人?そりゃ大変有難いし、林原さんとなら面白いと思うけど、全部ってのは無理があるんじゃない?そのせいで作品の足引っ張る事になりゃしないか?いや、庵野さんがそう言うなら喜んでやらせて頂きます。

・林原めぐみ氏コメント
「でた!!」と思いました。そういう役回りかと…。我々は…。光栄です…たぶん。本当に…。

壮大なパイロットフィルム制作にお付き合いするという事と理解し、キッズアニメも、萌え?も、グラフィックスも、歴史物も、日本のアニメの幅の広さ、奥行き、個々の才能、技術、などなどを、ある意味、即行、世界に発信するにはネットはもってこいですものね。

日本のアニメ(スタジオカラー制作の)世界へのプレゼン?と私は理解しました…違う?

■日本アニメ(ーター)見本市とは?
「日本アニメ(ーター)見本市」とは、スタジオカラーとドワンゴが贈る短編映像シリーズ企画。様々なディレクター陣による、オリジナル企画・スピンオフ企画・プロモーション映像・MusicPVなど、ジャンルを問わず愛と勢いで創りきる数々のオムニバスアニメーション作品を毎週金曜日に1話ずつ公開する。

本企画を通じて、表現の規制のない“自由な創作の場”を提供し、日本のアニメ制作における企画開発、R&D、人材育成など、この先の映像制作の可能性を探っていく。

■公式iOS、Androidアプリ:「日本アニメ(ーター)見本市」(無料)
※作品によっては、アプリ内で表示できない可能性がございます。予めご了承ください。

■日本アニメ(ーター)見本市
■「日本アニメ(ーター)見本市-同トレス-」
■niconico

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■niconicoに関連した記事を読む
・ネット視聴可能! 沖縄県知事選2014で候補者全員を集め「候補者ネット討論会」
・「「第2回将棋電王トーナメント」の結果“電王”の称号は「AWAKE」に決定
・「アメリカ大使館×ニコ生第2弾!アメリカ中間選挙を16時間生放送し徹底的に実況解説
・それぞれのカラーがわかる学園祭! 東大、京大など5大学の大学学園祭をニコ生で中継
・あたあた!ほわた~っ!「niconico北斗の拳 大ひでぶ祭」クリスマスまで開催中

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング