無線ルーターから遠い部屋でも電波がつながり4K動画も快適に視聴できるe-Meshスターターキット2製品がエレコムから登場

ITライフハック / 2020年4月8日 15時0分

写真


エレコムは、メッシュネットワークにより、大きな家でもしっかりカバーし、最大1733Mbps(理論値)の高速通信が可能なWi-Fiシステム e-Meshスターターキット“WMC-2HC-W”を4月下旬より発売する。価格はオープンプライスで、店頭予想価格は1万8,800円(税別)。

■ルーターから遠い部屋でも電波がつながりやすくなるe-Meshスターターキット
無線メッシュネットワークを構築することで、スマート家電やスマートスピーカーなどのIoT機器が、よりつながりやすく、より切れにくくなるe-Meshスターターキット。ルーターと専用中継器各1台のセットとなっている。戸建3階建て、マンション4LDKをカバーし、6人家族全員が複数の端末(最大46台)を同時使用しても快適な通信が可能だ。ルーター側は5GHz帯で最大1733Mbps、2.4GHz帯で最大800Mbps(ともに規格値)の高速通信が可能、4Kテレビも快適に視聴できるプレミアムクラスの製品で、お部屋にもなじむデザインだ。

■高速通信を実現するさまざまな機能を搭載
回線が混雑しにくいIPv6 IPoEインターネット接続に対応する。グループ会社であるDXアンテナのノウハウを活かした高感度の「ハイパワー内蔵アンテナ」を搭載している。また「バンドステアリング」機能、「MU-MIMO」機能、「ビームフォーミングZ」など、より高速で安定した通信を可能にする機能を多数搭載している。

■トレンドマイクロの「スマートホームネットワーク」など安心のセキュリティ機能を搭載
接続されたIoT 機器を守るため、トレンドマイクロのセキュリティ機能「スマートホームネットワーク」を搭載。セキュリティソフトがインストールできないネットワーク家電を脅威から保護するほか、悪質なウェブサイトや脆弱性を狙う攻撃、情報漏洩を伴う外部への不正な通信などをブロックする。このほか、ゲストに安全にWi-Fiを提供する「友だちWi-Fi(ゲストSSID)」機能や、お子様のネットの使いすぎを防止する「こどもネットタイマー3」を搭載している。

■ニュースリリース

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■パソコンに関連した記事を読む
・千円以下で買えるテレワークに使える会話や会議の通話に特化したモノラルヘッドセット上海問屋の「DN-915974」
・狙いは「eスポーツ主義」!MSIからリフレッシュレート300Hz&最新インテルCPUにNVIDIA GPUを搭載したゲーミングノートPC
・マウスから新規格Wi-Fi6に対応し最新の第10世代Core i7を搭載するビジネス向けスリムノートPC「mouse X5」シリーズ
・ユニットコムがiiyama PC「SENSE∞」ブランドから絵師(イラスト・マンガ)さん向けの17型/14型フルHDノートパソコン
・最初のゲーム用ディスプレイにおススメ!デルのゲーミングブランド「ALIENWARE」から24.5インチのゲーミングディスプレイ「AW2521HF」が登場

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング