SafariでWebサイトを閲覧するテク!iPhoneでPC向けのサイトを見る技【快適術】

ITライフハック / 2014年12月15日 10時0分

写真

iPhoneユーザーのなかには、標準のWebブラウザ「Safari」を利用して、Webサイトを閲覧している人も多いのではないだろうか。Webサイトを閲覧した場合、モバイル向けのサイトに自動的に切り替わるサイトがある。

モバイル向けのサイトは見やすい画面だが、PCサイトになれている人の中には、PC向けのサイト(MacやWindows PCと同じ画面)をiPhoneで見たい人がいるだろう。

「Safari」では、表示モードを切り替えることで、PC向けのサイトを表示させることができる。

■「Safari」で表示モードを切り替える

iPhoneのWebブラウザ「Safari」では、表示モードを切り替えることで、PC向けのサイトを表示させることができる。

ホーム画面から、Webブラウザ「Safari」を起動したら、「WebサイトのURLを入力する欄」をタップする。
01

画面を下へスワイプさせたら、「デスクトップ用サイトを表示」を選択する。
02

左がモバイル向けのサイト、右がPC向けのサイトを表示させたところ。
03

iPhoneのWebブラウザ「Safari」でPC向けのサイト人は、今回の技を覚えておくとよいだろう。

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■快適術に関連した記事を読む
・電波MAXなのにネットが遅い!iPhoneの通信環境を改善する技【快適術】
・今さら聞けない基本テクニック!iPhoneのバッテリー残量を数値で表示する技【快適術】
・簡単に画面をメモしたい!iPhoneで画面キャプチャする術【快適術】
・iPhoneのロック時間を変更する技!自動ロックの時間を自分好みに調節【快適術】
・意外と知らないiPhoneアプリの便利技!Safariでウェブを先読みさせる方法【快適術】

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング