東京メトロ、車いす等を利用する人向けWebサービス「スムーズメトロ」を開始する

ITライフハック / 2020年7月7日 10時0分

写真


東京メトロは2020年7月8日(水)から、車いす等を利用する人をはじめ、身体の不自由な人や高齢者の駅構内における円滑な移動を目的として、駅構内のバリアフリー移動経路、ホームと、車両床面の段差・隙間、車いす対応トイレなどに関する情報を分かりやすく表示するWebサービス「スムーズメトロ」の提供を開始する。

■これまでの地道な努力の集大成「スムーズメトロ」
東京メトロでは、これまでエレベーター等の設置を進めるとともに、ホームと車両床面の段差・隙間の縮小などのバリアフリー設備整備を進めている。また、駅構内のバリアフリー移動経路やホームベンチの有無などについて駅単位で検索できるWebサービス「ベビーメトロ」を提供するほか、 2019年8月に国土交通省より車いすなどの人が乗降しやすいホームと車両の段差と隙間の目安値(以下「目安値」)が示されたことを踏まえ、目安値を満たす乗降口についてホームページ上で公表するなど、バリアフリー情報の提供強化に努めているとのこと。

今回「ベビーメトロ」の姉妹版として新たにサービスを開始する「スムーズメトロ」は、駅構内のバリアフリー移動経路に加え、目安値を満たす乗降口や車いす対応トイレに関する情報などをまとめており、駅構内における円滑な移動のための情報を分かりやすく確認できる。

また、今後の「東京メトロアプリ」リニューアルにあわせて、経路検索結果から利用駅の「スムーズメトロ」ページを確認できるようにするなど、東京メトロが進める大都市型MaaS「my! 東京MaaS」とも連携し、東京における「移動のしやすさ」を追求していくとしている。

sub4

■スムーズメトロ

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・タカラトミーからJR東西の新型車両「S-27 E235系横須賀線」と「S-39 WEST EXPRESS銀河」のプラレールが登場
・東京メトロ銀座線虎ノ門駅が超便利に進化!ホーム拡幅や新改札設置及び地下駅前広場の整備で使い勝手が向上
・フルラッピングトレインの「彩色兼備」といっしょに沿線をめぐる「秩父鉄道沿線グルメ旅 シールラリー」を開催
・タカラトミーより7月1日に営業運転を開始する新型新幹線「N700S」のプラレール版「かっこいいがいっぱい!新幹線N700S 立体レイアウトセット」
・京商エッグからエアロパーツ装着でカッコよくカスタムを楽しめる!R/C 1/16 ザ・軽トラ「スバルサンバー」発売

徹底カラー図解 東京メトロのしくみ徹底カラー図解 東京メトロのしくみマイナビ出版2017-12-13
ここがすごい!東京メトロ - 実感できる驚きポイント (交通新聞社新書133)ここがすごい!東京メトロ - 実感できる驚きポイント (交通新聞社新書133)土屋 武之交通新聞社2019-04-11
東京メトロの世界 (トラベルMOOK)東京メトロの世界 (トラベルMOOK)交通新聞社2016-03-17


この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング