ASUSがCESで8mmを切る薄型2-in-1ノートおよびZenfone後継モデルを発表【デジ通】

ITライフハック / 2015年1月7日 13時0分

写真

ASUSはラスベガスで開催中のCES 2015に合わせ、プレスカンファレンスを開催し、いくつかの新製品を発表した。発表されたのは、2-in-1製品である「ASUS Transformer Book Chi」シリーズと、スマートフォンの「Zenfone」シリーズだ。ASUS Transformer Book Chiは液晶サイズ別に3モデル、スマートフォンではZenfone 2とズームレンズ搭載のZenfone Zoomの2製品となる。

ASUSのTransformer Chiシリーズは、2014年6月に台湾で行われたCOMPTEX TAIPEIでお披露目され、今回が液晶とキーボード部分が分離する2-in-1製品の正式モデルとなっていた。COMPTEX時は12.5型の製品のみが紹介されたが、正式に発表された製品版では12.5インチモデルのT300 Chiに加えて、10.1インチ液晶搭載のT100 Chi、8.9インチ液晶搭載のT90 Chiの合計3モデルとなった。

asuscesu2

12.5インチで厚さが7.6mmのT300 ChiだけがインテルのCore Mを搭載し、それ以外はAtomプロセッサーを搭載している。すでに発売済みのCore M搭載機種はプレミアムモデルという位置づけで、価格も高くなっている。12.5インチのT300 ChiのフルHDモデルは699ドルなので8万4千円程度だ。

高精細のWQHDを搭載したモデルは799ドルなので、9万6千円程度。日本での価格や発売日は発表されていないが、高性能モデルながら価格もかなり押さえたモデルになりそうだ。

Zenfone 2は日本でも2014年秋に発売したZenfoneの強化版となる。今回発表されたモデルはプロセッサーとして、インテルのAtom Z3580を搭載。比較的低価格製品ながら、メモリーは4GB搭載し既存の高価格帯スマートフォンと比べても非常に高いスペックになっている。

さらに、1300万画素の背面カメラの機能も非常に高く、暗いところでもきれいに撮影できるローライトモードを搭載しており、カメラ機能の魅力も高い。

asuscesu3

カメラ機能で言えば、3倍の光学ズームレンズを搭載するZenfone Zoomも要注目だ。薄型の筐体ながらズームレンズを搭載したスマートフォンで、見た目は薄いスマートフォンにカバーを取り付けたような厚みしかない。光学ズームレンズを搭載しているとは思えないサイズに収まっている。日本での登場がいつになるのか気になる。

上倉賢 @kamikura [digi2(デジ通)]

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■デジ通の記事をもっと見る
・日本でお馴染みのCerevoやあの“Ring”も出展~CES Unveiledレポート~
・CES 2015開幕! 4K? IoT? それともウェアラブル端末? 要注目は何?
・絶賛大ブレイク中! 年末年始はスマホで楽しめる新感覚放浪ゲーム「Ingress」で熱くなろう
・他国製品とはまったく性格の異なるauのFirefox OS搭載スマホ「Fx0」
・日本HPからCore M搭載の薄型ノート「HP EliteBook Folio 1020 G1」が登場

ITライフハック

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング