Wordで何回か前にコピーした文字列を貼り付ける【知っ得!虎の巻】

ITライフハック / 2014年2月5日 8時0分

写真

Wordで文字列などをコピーした場合、それを別の場所に貼り付けることができる。これはクリップボードにデータが保存されるからだが、このデータは、新しく別のものをコピーしてしまうと、自動的に消えてしまう。つまり、常に最新にコピーしたものしか貼り付けできないわけだ。しかし、Wordを始めとするOffice製品ならば、実は数回前にコピーした内容も貼り付けることができる。

■No.565 Officeクリップボードを利用する
いくつか文字列やオブジェクトをコピーした状態で、[ホーム]タブの[クリップボード]グループのダイアログボックス起動ツールをクリックする(画面1)。
画面1 [ホーム]タブの[クリップボード]グループのダイアログボックス起動ツールをクリックする。

画面1 [ホーム]タブの[クリップボード]グループのダイアログボックス起動ツールをクリックする。


画面の左側に、Officeクリップボード作業ウィンドウが表示され、コピーした内容の一覧が表示される(画面2)。
画面2 Officeクリップボード作業ウィンドウが表示される。

画面2 Officeクリップボード作業ウィンドウが表示される。


一覧で、貼り付けたいデータをクリックすると、カーソル位置にデータが貼り付けられる(画面3)。
画面3 クリックすると、その内容が貼り付けられる。

画面3 クリックすると、その内容が貼り付けられる。


Officeクリップボードには、24個までのデータを保存しておける。前にコピーしたデータをもう一回利用したいというとき、再度コピーし直す必要がないので便利だ。なお、Officeクリップボードには、他の製品でコピーした内容も表示される。これらのデータも利用できるというわけだ。

編集部:池田利夫+岡本奈知子(ジャムハウス)
制作編集:エヌプラス
Copyright 2014 LINE Corp. All rights reserved.

■PC便利技が満載!「知っ得!虎の巻」ブログ
■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■「知っ得!虎の巻」の記事をもっとみる

関連記事見てわかる冷却性能!ZALMANよりファンレス構造の巨大なCPUクーラー登場今後の高齢化社会を見越してシニアやハイミドル層への配慮を盛り込む富士通のパソコン【デジ通】Wordで何回か前にコピーした文字列を貼り付ける【知っ得!虎の巻】もはやこれは1つの文化だ!キーボードに日本特有の細やかさを徹底投入した富士通の新型ノート「GRANNOTE」【デジ通】

ITライフハック

トピックスRSS

ランキング