iPhone 12の充電に最適!PowerCore Fusionシリーズの最上位モデル

ITライフハック / 2021年2月1日 16時0分

写真



アンカー・ジャパン株式会社は、“充電”のグローバル・リーディングブランド「Anker」において、USB急速充電器 / モバイルバッテリーの一体型モデル「Anker PowerCore Fusion 10000」と大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」を、Anker Japan公式サイト、総合オンラインストアAmazon.co.jp、楽天市場および一部家電量販店等にて販売する。

■急速充電を叶えるモバイルバッテリー
利用者により快適な充電環境をご提案できるよう、Ankerでは充電規格の進化や普及状況に合わせて急速充電を叶えるモバイルバッテリーの開発を進めてきた。今回登場する「Anker PowerCore Fusion 10000」は、USB急速充電器とモバイルバッテリーの2役を1台で担えることで人気を博しているAnker PowerCore Fusionシリーズの最上位モデルにあたる。

Amazon.co.jpにて約8,300件のカスタマーレビューと平均★4.5(※2021年1月19日18:00時点)を獲得している「Anker PowerCore Fusion 5000」と、USB Power Delivery(以下USB PD)対応の「Anker PowerCore III Fusion 5000」の魅力をそのままに、約10000mAhの【大容量】バッテリーの搭載とiPhone12シリーズの充電にも最適な最大20Wの【高出力】を実現した。

コンセントに挿すだけで気軽に本体の充電ができ、1回の満充電でiPhone 12を2回以上充電できるため、外出先でも安心して使える。また、USB PDへの互換性を高めたAnker独自技術のPowerIQ 3.0(Gen2)搭載のUSB-CポートとPowerIQ搭載のUSB-Aポート(最大12W出力)の計2ポートを備えているため、USB 急速充電器としても、モバイルバッテリーとしても、より幅広い機器へのフルスピード充電ができるようになった。

また、女性でもスマートフォンと重ねて持てる薄型設計が魅力の「Anker PowerCore Slim 10000 PD」も同様にiPhone 12シリーズを最適な速度で充電できるようアップグレードを図った。「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」は約1.5cmの超薄型設計ながら、10000mAhの大容量バッテリーに加え、USB PDに対応したUSB-CポートとAnker独自技術のPowerIQを搭載したUSB-Aポートの2ポートを備えている。

『ライフスタイルや働き方の変化に伴い、家の中でも外出先でも充電環境をスマートに整えたい方、今までの充電環境をアップデートしたい方にオススメです。』

■モバイルバッテリー一体型モデル「Anker PowerCore Fusion 10000」
sub1

○2役を1台で担えるハイブリッド設計
USB急速充電器とモバイルバッテリーを兼ね備えたAnker PowerCore Fusion シリーズの最上位モデル。前モデルと比べ約2倍の大容量とiPhone 12を含む様々な機器へのフルスピード充電が可能な高出力を両立し、家の中でも外出先でも便利に使用できる。

○iPhone 12へ急速充電
最大20Wの出力でiPhone 12シリーズを最速で充電可能だ。一般的な5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できる。(※iPhone 12を0%から30分充電した場合 / Anker調べ)またAnker独自技術のPowerIQを搭載したUSB-A ポートも備えているため、2 台同時に充電ができる(※合計最大出力15W)。

○PowerIQ 3.0(Gen2)
USB PDとの互換性をさらに高めながら、Qualcomm®︎ Quick Charge等の充電規格にも対応したAnker独自技術のPowerIQ 3.0(Gen2)を搭載。より幅広い機器へ最適な出力でのフルスピード充電が可能となった。

○安心の大容量
約10000mAhの大容量バッテリーを搭載し、iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回、Pixel 5を1回以上満充電することができる。

■超薄型設計の大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」
sub2

○iPhone 12へ急速充電
最大20Wの出力でiPhone 12シリーズを最速で充電可能です。一般的な5W出力の充電器に比べ、最大3倍速く充電できる。(※iPhone 12を0%から30分充電した場合 / Anker調べ)

○スリム設計
大容量バッテリー、そしてUSB PD対応USB-Cポート(最大20W出力 / 18W 入力)とAnker独自技術のPowerIQ搭載USB-Aポート(最大12W出力)の2ポートを搭載しながら、約1.5cmというスリム設計を実現した。

○安心の大容量
10000mAhの大容量バッテリーを備え、iPhone 12を2回以上、Galaxy S20を約2回、iPad mini 5を1回以上充電することができる。

○高い安全性
難燃性素材や温度管理機能等のAnker独自のMultiProtect(多重保護システム)を採用しているため、長時間安心して使える。

■USB急速充電器 / モバイルバッテリーの一体型モデル「Anker PowerCore Fusion 10000」
■大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore Slim 10000 PD 20W」

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■モバイルに関連した記事を読む
・類似する他社ポイント運用サービスと比較!au PAY ポイント運用、好調なパフォーマンスを発揮
・Wi-Fi利用経験者の70%、フリーWi-Fiの接続に不安あり
・軽量コンパクトなスマホ&タブレット・スタンド!Reloop「SMART DISPLAY STAND」
・iPhoneやAndroidで使えるハンドヘルドジンバル!「Smart XR」スマホジンバル
・30W高出力・多機能・最小級モバイルバッテリー!『SMARTCOBY Pro 30W』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング