笑顔で人と人とが触れあえる社会へ!『キレイのリレー』プロジェクト、始動

ITライフハック / 2021年2月26日 10時0分

写真



ライオン株式会社は、ハンドソープブランド『キレイキレイ』において、「『キレイのリレー』プロジェクト」をスタートした。このプロジェクトは、手洗いなどを通して自分を守ることはもちろん、「大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとる」ことを、ひとりひとりが“リレー”のようにつなげていくことで、人と人との触れ合いにあふれ、人と寄り添いながら、もっと前向きに過ごせる社会を目指す活動だ。

■個人レベルの清潔衛生行動から、コミュニティレベルの清潔衛生行動へ
2020年12月に全国の15歳~69歳の男女9,153名に行った同社調査では、新型コロナウイルス感染症の流行前(2020年1月以前)との清潔衛生意識の変化について伺ったところ、実に6割以上(66.4%)の方が以前よりも清潔衛生意識が高まっていると回答するなど、個人レベルでの清潔衛生意識は非常に高まっている。

その中で、「清潔衛生意識が高まった(もしくは元々清潔衛生意識が高い)」かつ、「通勤・通学をされている」男女419名に、オフィスや学校でウイルスが気になる場所や物を伺ったところ、「トイレの便座やドアノブ・レバー・ボタン(43.6%)」、「不特定多数の人が使う机やイス(36.9%)」、「エレベーターのボタン(35.8%)」など、外出先での清潔衛生環境に不安を抱える人が多いことが見受けられた。また、本プロジェクトにご賛同頂いた企業など事業者側からも、除菌に対して「これでいいのか心配するときりがない」、「徹底してやっているが、消毒剤代をはじめ経費がかかる」といった声が聞かれるなど、事業者自身も、自社の清潔衛生環境作りに様々な不安や困難を抱えていることも浮彫になっている。

同社では、以前のように笑顔で人と触れ合える社会のためには、引き続き個人レベルでの高い清潔衛生意識を継続することに加え、コミュニティレベルでの“正しい”清潔衛生行動の推進が今後重要であると考えている。

■「『キレイのリレー』プロジェクト」とは
手洗いなどの清潔衛生行動は自分や家族はもちろん、友人や会社の人など身近な大切な人を守るために行っていることが多いと思われる。しかし同社は、自身が清潔衛生に気をつけることが、家族や友だち、身近な関係者はもちろん、毎日買い物をする店舗で働く人々や、多くの人の移動を助ける仕事に携わる人、みんなに楽しい思い出を提供してくれる場所で働く人など、私たちの生活を陰で支えているたくさんの人々の笑顔へつながっていると考えている。

「『キレイのリレー』プロジェクト」は、様々な事業者との協働により“大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとることが、自分の生活を支える誰かの笑顔を生み出していく”という考えを伝えるために、本プロジェクトの趣旨に賛同した事業者と一緒になって、人と人との触れ合いにあふれ、人と寄り添いながら、もっと前向きに過ごせる社会を目指していくプロジェクトだ。
『キレイのリレー』概念図
『キレイのリレー』概念図
『キレイのリレー』今後の展開イメージ
『キレイのリレー』今後の展開イメージ
■「『キレイのリレー』プロジェクト」第一フェーズ展開内容詳細
東京都世田谷区「梅丘商店街」での展開の様子
東京都世田谷区「梅丘商店街」での展開の様子
九州旅客鉄道株式会社の特急列車「あそぼーい!」での展開の様子
九州旅客鉄道株式会社の特急列車「あそぼーい!」での展開の様子
<第一フェーズ協働事業者の声> ※順不同
九州旅客鉄道株式会社 営業部営業課 姫野 奈津子氏
弊社は、安全・安心なモビリティサービスをお客さまに提供すべく、このコロナ禍でも“お客さまのために、前向きに地域を元気にしていく”ことが使命であると考えております。ライオンさまと一緒に今回の『キレイのリレー』プロジェクトに取り組み、駅や列車を清潔に保つことで、お客さまに、より楽しく笑顔で列車をご利用いただき、感染症に負けない地域づくりを目指していきたいと考えております。

株式会社はとバス 広報室 山本 雄太氏
ウィズコロナの時代において、安心して旅行に参加が出来る日常を一日でも早く取り戻したいと願い、はとバスは本プロジェクトに参画致します。同社では、お客さまと従業員の感染防止を第一に考え、運転士やバスガイドのマスク着用や手指消毒、更にはバス車内の換気・抗菌等を徹底しております。この取組みがあらゆる業界に広がり、大きなムーブメントになっていくことを願っております。

すみだ水族館 館長 中村 雄介氏
当館では、日頃から館内で暮らすいきものたちの大切な命を守るため、清潔衛生管理を徹底してまいりました。『キレイのリレー』への参画を通じて、当館が推進している「大切な誰かを想い、清潔衛生行動をとる」ことの大切さをお伝えできればと思います。明日から行動が変わる、そんなきっかけを提供することができれば幸いです。

新江ノ島水族館 企画開発部 奥山 康治氏
当館では 、日ごろから「生き物たちも懸命に大切ないのちを守っている」ということを来館者にお伝えしています。生き物を通して、自分たちでもできる「いのちを守ること」に興味を持っていただき、楽しみながら清潔衛生習慣を身につけていただけたらと思います。そして『キレイのリレー』を通じて、親子で「いのちを守ること」について考えるきっかけにしていただけたらとてもうれしいです。

梅丘商店街振興組合 理事 川﨑 義浩氏
新型コロナウイルス感染症流行後、外出自粛やテレワークの影響により商店街で買い物や食事をされるお客様が増えました。ご利用頂き嬉しい反面、感染を拡げてはいけないという責任感も感じています。今回ライオン様と『キレイのリレー』プロジェクトに取り組ませていただくことで、店舗とお客様が共に正しい清潔衛生行動を実践出来ればと思います。そして、「安心安全で楽しい梅丘商店街」を目指していきます。

経堂農大通り商店街振興組合 理事長 川村 昌敏氏
商店街は常に安心・安全な清潔衛生環境づくりに取り組んでおります。このプロジェクトによって事業者同士が協力して手洗い清潔衛生習慣化づくりが出来ると考え協力、参加しました。これをきっかけに、近隣住民の方々が経堂農大通り商店街に安心してお越し頂けるよう、より一層努めてまいります。

ライオンは今後プロジェクトの第二フェーズとして、本プロジェクトに賛同する全国の事業者を対象に“選定”による展開を予定している。(選定条件は現在検討中)

■清潔衛生習慣啓発コンテンツ
1. 新たなオリジナル手洗いソング「ぼくが手をあらったら~つながる手洗い歌~」の公開
(公開日:2021年2月16日予定)
本プロジェクトの“大切な人を想って手を洗うことが、他の誰かの笑顔をもたらす”というコンセプトを歌にして、小さな子どもをはじめとしたより多くの人ともその想いを共有することを目的に、新たな手洗いソングを公開する。
本楽曲では、手洗いの方法だけではなく、手洗いの大切さを伝達するために、アニメーションによる表現や、歌とアニメーションにあわせて2台のスマートフォンをつなげて遊ぶインタラクティブな仕掛けも用意した。
新たなオリジナル手洗いソングの公開

2. 新たな暮らしのマイスター「衛生マイスター」による清潔衛生コンテンツの提供
ライオンには、口腔衛生やヘルスケア、洗濯、掃除といった研究キャリアと専門知識を持つ暮らしのマイスターがいる。そのような暮らしのマイスターに今回新たに「衛生マイスター」が加わった。今後、衛生マイスターは、正しい清潔衛生行動の啓発セミナーや公衆衛生に関する情報開発・発信を行っていく。
「衛生マイスター」による清潔衛生コンテンツの提供

衛生マイスター 藤井 日和(ふじい ひより)氏
「健康・衛生分野やお洗濯分野の製品開発や生活情報の開発に約25年携わってきました。これらの経験を活かし、日々のくらしで感じる衛生への不安を解消する情報をお伝えしていきます。」

■キレイキレイ 公式サイト

■ITライフハック
■ITライフハック Twitter
■ITライフハック Facebook

■カルチャーに関連した記事を読む
・『鬼滅の刃』ホワイトデースイーツ2021が登場
・建具、畳、建材用アタッチメント付き!電動階段のぼれる台車
・欧米の家庭料理を特製ミートソースでアレンジ!モスバーガー「マッケンチーズ&コロッケ」
・BABBI×鬼滅の刃 スペシャルギフト!2021のコラボアイテム
・古きよき和食文化を今に伝える!体験型レストラン『創作割烹 沙ゐ佳-saika-』

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング