服がすぐダメになる!衣替えのときにやりがちな「5つの間違い」

It Mama / 2014年5月26日 12時0分

写真

もうすぐ夏、衣替えの季節です。夏の爽やかな服を出して、冬服はクリーニングなどできれいにして収納し、さっぱりしたいですね。

でも衣替えすると、つい勢いでまだ着られる服を収納してしまったり、夏服と冬服が混ざってしまったりしがちです。収納していた服を取り出したら、黄ばんでいてショックを受けることも……。

そこで衣替えでありがちな間違いの傾向と、その対策をまとめてみました。

■1:一気にやろうとする

アメリカのハウツーサイトなどを見ると、「服も小物も全部クローゼットから出して入れ替えましょう」なんてよく書いてあります。でも実際、一気にやろうとしてもなかなか進まず、結局中途半端で終わってしまうことがよくあります。

また、一口に冬服といっても、真冬しか着ないようなモコモコのセーターやダウンジャケットから、長期間使える薄手のカーディガンやウールのパンツなど様々です。

なので一気に入れ替えずに、まずは今ある服をグルーピングするところから始めましょう。

季節の進行に合わせて少しずつ収納していけば、無理なく衣替えができます。またその方が、「今着られる服をしまっちゃった!」ってことになりません。

■2:洗わないまま収納する

とくに冬物は、1、2回しか着ていなければ汚れていない感じがしますよね。でも実際、洋服はちょっと着ただけでも意外と汗や皮脂などで汚れてしまっているのです。

汚れが残ったまま長期間放置すると、黄ばみや虫食いの原因になります。大事な服は必ずクリーニングに出したり、洗濯したりして、キレイな状態にしてから収納しましょう。

■3:クリーニングした服をそのまま収納する

クリーニングから戻ってきた服は、たいていビニール袋に入っています。ビニール袋に入っていれば汚れが付かなくて安心、かと思いきや、これがクセモノなのです。

ビニール袋に入ったままだと通気性が悪いので、クリーニングに使われる薬品のニオイが残ったままになってしまいます。

また、クリーニング後にスチームアイロンがかけられている場合、その湿気もこもりっぱなしになり、カビの原因になることも……。

そのため、クリーニングから戻ってきた服は、すぐにビニール袋から出しましょう。ホコリなどが気になる場合は、ビニールではなく不織布など通気性のある衣類カバーを別途購入してかけた方がいいです。

■4:大きめの収納箱をそろえる

大は小を兼ねる、とは言いますが、収納インテリアアドバイザーの大橋わかさんのブログ『収納のチカラで叶えるインテリア おうちデトックス』によると、大きすぎる収納箱は意外と使いづらいそう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング