楽しい体験ができて子どもが「科学って面白い!」と思える博物館

It Mama / 2014年7月9日 17時0分

写真

今、理科離れが深刻な社会問題になっています。理工系に進む学生が減っているだけでなく、理科に興味を抱く子どももどんどん減ってきているのです!

これにより将来、研究者や技術者が少なくなってしまうと、科学技術は進歩しません。すると、日本の経済も衰退してしまう可能性が……。

このような背景からプログラミング教育の熱も高まっていますが、もっと子どもが自然と「科学って面白い!」と思えるようになってほしいと思いませんか?

科学の楽しさは、実際に”偉大さ”に触れないとわかりません。よって、圧倒的なスケールで科学体験をすることが非常に重要!

そんな施設を今回、イギリス在住のママ、千春ヘザリントンさんから教えていただいたので、みなさんにもご紹介します。

■小さい子どもでも科学がよくわかる博物館がある

それは、イギリスにある『サイエンスミュージアム』と『ロンドン自然史博物館(ナチュラルヒストリーミュージアム)』です!

なんとイギリスでは、美術館や博物館の入場が無料。あの有名な『大英博物館』も無料なんです。そのため、子連れで遊びに行くママがとても多いのだとか。

日本では通常こういった施設は1,000~2,000円くらいの入場料がかかるので、ビックリですよね!

もちろん、美術館や博物館はたくさんあります。その中から、とくに小さい子どもが「迫力がスゴくて楽しい!」と大喜びして科学が好きになるのがこの2ヶ所なんです!

■科学体験できて科学が好きになる博物館2つ

『サイエンスミュージアム』と『ロンドン自然史博物館』の具体的にどこら辺がいいのかというと、以下のような魅力があるから。

(1)科学の壮大さがわかる『サイエンスミュージアム』

地下鉄サウス・ケンジントン駅から徒歩で約3分のところにある『サイエンスミュージアム』は、科学の不思議を遊びながら体験できる博物館。

「子どもにはちょっと難しいかな?」と思うかもしれませんが、実物の自動車や船舶、ミニチュア飛行機やロケットなどの展示が多いので、心配無用です!

日本だと、上野にある『国立科学博物館』のような感じでしょうか。

館内には、タッチして遊べるものもたくさんあるため、小さな子どもでも退屈しません。例えば、宇宙服の手袋に触れたり、釘を持つなどのシミュレーションも可能。

また、地下にはプレイエリアもあります! ここでは、専用のレインコートを借りて、水遊びもできるのです。他にも、とにかく見所満載なので、「科学のことをもっと知りたい!」となるはずですよ。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング