大人になっても娘に依存してくる「母の呪縛」から逃れる方法

It Mama / 2014年7月28日 21時0分

写真

子を思うことは親として当然です。それは、母性があるからです。でも、いきすぎて「子どもが私の生き甲斐~」となると、その子どもが窮屈に……。

今、親の”呪縛”に困っている女性が非常に増えています。NHKの『あさイチ』でも「母が重たい……」というテーマが取り上げられ、たいへん話題になりました。

子育てを通して、自己実現する。つまり、「子どもがちゃんとした作品に育つことが自分の価値を決める」と思っている50代の母を持つ、そこのあなた!

子どもを生んで母となっても、日常生活に侵入してくる自分の親に苦しんでいませんか?

そこで今日は、『小学校に入る前に親がやってはならない115のこと』の著者の立石美津子が”母親の呪縛から逃れる方法”について語りたいと思います。

■1:依存親と物理的に距離を置く

まずは、物理的に距離を置いてください。顔を合わす時間や回数が減ると、親の呪縛から解放されていきます。一緒に住んでいる場合は、あなたが家を出ましょう。

もし、”味噌汁の冷めない距離”に住んでいて嫁に行っているのにあれこれ干渉される場合は、遠い場所に引っ越すことが大事です。

同居が避けられない場合は、食事や買い物に誘われても断ってください。最初は罪悪感があるかもしれませんが、「私以外の人と関わる楽しみを持つべき」と信じましょう。

自分に依存させないために、「たまにはお父さんと行きなよ」などと勧めるのもひとつです。

■2:「私がいないとダメ」と思わない

親の仕事は、子どもを自立させ、世に送り出すことです。いつかは誰しも、親離れをしないといけません。

そのため、「自分の世話をやきたがる母から、生き甲斐を奪ってはいけない。私がいないと母はダメになる」と思うのはNG。

娘依存症のお母さんに、「別の世界を持ってほしい」「私以外にやりがいのあるものを見つけてほしい」「母が重くてうっとうしい」と思いながら、「まだ私が”困ったちゃん”でいて世話を焼いてもらおう」という気持ちもあると、次第に”共依存”の関係になってしまいます。

親の呪縛から逃れるには、これを断ち切らないといけないのです。「私がいないと母はダメになる」と思わないで、「親離れしないと母がダメになる」と思うようにしましょう。

■3:「親は感謝しなくちゃダメ」と思わない

子どもを持つことを選択したのは、親の意志です。よく、「産んで育ててもらったのだから親に感謝しなくてはならない」と言う人がいますが、こんなことを気にする必要はありません。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング