意外なアレもNG!? 「歯の着色」を招く要注意飲み物7つ

It Mama / 2014年9月9日 21時0分

写真

レストランやおうちでのママ会、話に花が咲いて長くなったりしますよね~。家族のために忙しいママだって、お喋りしながらのリフレッシュは大事な時間です。

でも、お喋りの間に長時間飲み続けている飲み物にご注意を! 実は、ママがランチやお茶の時間によく飲む飲み物の中に、歯の着色を招きやすい飲み物があるのを知っていましたか? キレイのために選んだその飲み物だって要注意かも!? 

今回は、ママ歯科医師である筆者が、歯の着色を招く代表的な飲み物を7つ取り上げ、着色を防ぐちょっとした裏ワザもご紹介します。

■1:コーヒー、紅茶、烏龍茶

コーヒーや、紅茶や烏龍茶など、色の濃いお茶に含まれている色素(主にタンニン)が唾液中のカルシウムなどの金属イオンと結びつくことで、歯の表面を覆っている膜(ペリクル)に付着します。毎日じわじわと蓄積されることで、気付くとステイン(歯の着色汚れ)になっているのです。

ペットボトル入り製品よりもその場でドリップしたり、リーフティーで淹れたお茶のほうが色素が多くなり、着色しやすいと言われています。

■2:コーラ

コーラは黒い色素(カラメル色素)を含んでいます。さらに、コーラ自体が酸性なので歯の表面を溶かし、そこに色素が入り込みやすいという特徴も。コーラはお砂糖もたっぷりなので、毎日ダラダラ飲み続けることでむし歯による歯の変色の危険も。

■3:ジュース

ジュース(特にグレープジュースやクランベリージュース)も色素を含んでいる上、pHが低いので歯の表面を溶かしながら色素が入り込みやすく、毎日飲み続けることでじわじわと着色を招きます。ジュースも糖分が多く、コーラと同様、むし歯に要注意な飲み物です。

■4:赤ワイン

赤ワインは一時期健康ブームで、日常的に美容のために飲んでいたママもいらっしゃいませんか? 赤ワインもお茶と同様『タンニン』を含んでおり、歯の表面膜に固着しやすいのです。さらに実はコーラやジュースと同様にpHが低く、歯の表面を溶かし色素が入り込みやすいのでステインの原因になるのです。

■“ちょっとした”裏ワザで着色汚れを回避!

冷たい飲み物の場合は“ストローを利用”しましょう。歯の表面に飲み物が触れないようにするのがコツです。

また、着色しやすい飲み物をずっと飲み続けるのではなく、こまめに水を飲む、飲み終えたら口を水ですすぐのも多少は効果があると言われています。ガムを噛むことで唾液の分泌を促したり、お口の中を中和してもよいでしょう。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング