野菜ソムリエ直伝「野菜嫌い」を克服させる魔法のジュース

It Mama / 2014年9月26日 21時0分

写真

食事に関するママのお悩みで、常に上位にあげられるもの、それは何と言っても
「子どもが、野菜を食べない!」ということ。

「野菜を見つけたら、絶対によけてしまう」

「なんとか誤魔化しても、口に入れた瞬間出してしまう」

など、ママが野菜を食べさせようとすればするほど、お子さんも徹底して野菜を嫌ってしまうという悲しい結果に……。

刻んだり、煮込んだりしてなんとか野菜の存在を消して料理に工夫をもたせてみたのに、一生懸命作ったお料理を食べてもらえなかった時の悲しさは、なんとも言えないものがありますよね。

今日は野菜ソムリエの藤田光樹が、お子さんに野菜を好きになってもらうきっかけを作る“魔法のジュース”をご紹介したいと思います。

■まずは言葉のマジックで野菜嫌いを克服

子どもが好きなものと言えば“ジュース”。

この言葉のマジックをかりて、野菜を少しだけ入れた“魔法のジュース”で野菜嫌いを克服させてみるのはいかがでしょうか?

野菜を「食べられた!」というきっかけ作りにもなりますし、好きなジュースと飲みながらビタミン・ミネラル類や食物繊維も摂れて、一石二鳥です。

男の子には、「これで○○君は風邪を引かないスーパーマンになれるね!」、女の子には「これで○○ちゃんはお肌ツルツルのキラキラお姫さまになるね~」など、「かっこいい」「かわいい」をキーワードにしながらジュースを薦めてあげると、お子さんも意外と素直に聞いてくれます。

ここでのポイントは、
・ジュースに入れる野菜は、少量で
・お子さんの好きな果物などで味をプラスする
ということが大切です。

最初はママが内緒で野菜を混ぜて作ってみて、子どものジュースの飲み具合をみてみましょう。

次に「このジュース、○○の野菜が入っているんだよ。飲んでみる?」という具合に野菜の名前を出してあげて、ジュースを飲んだら「もう○○は食べられたね!」と他の料理でもその野菜を口にできるきっかけを作ってみましょう。

子どもにとって、野菜を食べられたこと、美味しかったという体験は今後野菜を好きになる大きなきっかけになるはずです。

■色鮮やか!カラフル野菜ジュースレシピ

野菜ソムリエ直伝! 子どもが飲んでいるジュースに似せた、かんたん野菜ジュースレシピを4つご紹介します。

(1)オレンジ色の野菜ジュース

・オレンジジュース・・・100cc (またはリンゴジュース)・・・100cc
・ニンジン・・・みじん切りしたもの30g
・氷・・・3個

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング