コレはダマされる…!子どもが「サンタを信じて疑わない」クリスマスの演出2つ

It Mama / 2014年12月8日 19時45分

写真

クリスマスは当日だけのイベントではなく、飾りつけやプレゼント調査などすでに始動開始しているママ・パパが多いのではないでしょうか。小さな子どもにとって、サンタさんは特別な存在。できれば、いつまでも純粋に信じていてほしいなーなんて思ってしまいますが、それは親の力量にもかかっています。

筆者の4歳半になる娘は、今年のクリスマスについてこんなことを言いました。「家には煙突がないけれど、サンタさん来れるのかな?」

筆者自身は、母親から「サンタさんは窓から入ってくるから、クリスマスの日だけ鍵を開けておく」と教えられ納得したものですが、海外にはもっと素敵な習慣がありました。どんな住環境でもとり入れられるので

■1:サンタさんの“魔法の鍵”

海外の家には、暖炉や煙突があるようなイメージがありますが、実は必ずしもそうではないようです。そこで、クリスマスに使うものが“サンタさんの魔法の鍵”です。

英語では、“Santa’s Magic Key”などと呼ばれています。これは、クリスマスの夜にサンタさんだけが使える魔法の鍵なんだそう。クリスマスの夜に、ドアノブにこの鍵をかけて寝ると、サンタさんはこの鍵を使ってドアから中に入り、プレゼントを届けてくれるというもの。とても素敵だと思いませんか? 

もちろん、鍵は偽物でサンタさんだけがこの鍵を使うことができると子どもに話す必要があります! 筆者の娘もそうですが、子どもは“鍵”を好きな子が多いですよね。ですので、きっとこの素敵な習慣を喜んでくれるはず。

海外では、魔法の鍵がクリスマスグッズとして販売されているのですが、日本ではまだ売っているのをほとんど見かけませんよね。個人輸入することもできますが、実は100均ショップを利用しながら簡単に作れますのでご紹介します。

【用意するもの】

●鍵

●リボン

●クラフトタグ

※いずれも筆者は、100円ショップの『Seria』で購入

クラフトタグに、アルファベットスタンプで、“Santa’s Magic Key”と押し、裏には“○○(名前)’s House”と押して、カギとセットにしてリボンでまとめて完成!

早速、娘に見せて話してみましたが、そのストーリーに目を輝かせて喜んでいましたよ。“窓の鍵を開けておく”ストーリーよりも夢のあるストーリーで、しかも安全ですからオススメです。

■2:サンタさんとトナカイへの贈り物も忘れずに!

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング