「育児がんばった!」自分ご褒美にこそ選びたいプレゼント5選

It Mama / 2014年12月18日 13時59分

写真

家事に育児に仕事に頑張るママ。今年一年を振り返って、ママとして成長した自分に、そして来年もママ業をがんばるために、クリスマスプレゼントとは別に自分に「がんばったご褒美」しませんか?

ダイドー働く大人力向上委員会の『ご褒美に関する意識調査』によれば、多くの人が気分転換やモチベーションアップのため、自分自身へのご褒美である”セルフご褒美”をあげていることがわかっています。

そこで今回は、セルフご褒美の実態と、人気のご褒美について紹介します。

■かなり頻度が高い「セルフご褒美」とその効果

上記調査によれば、働く男女のセルフご褒美の頻度は約3人に1人が、週1以上、さらに、主婦も約2人に1人が月数回のセルフご褒美をあげているという驚きの結果が!

セルフご褒美には、「気分転換になる」、「前向きになれる」などいいことばかりなのだそう。

特に、子育てをしているママは、気分転換が大切。自分にご褒美をあげることで、幸せな気持ちになり、心に余裕がうまれ、前向きになることは、いろいろあっても子育て頑張ろう!と思えるひとつのキッカケになるのではないでしょうか。

また、ご褒美によって、“女としての楽しみ“を改めて感じられるだけでもその後の育児のモチベーションが違ってきます。

■セルフご褒美はコレ!「人気のご褒美」5選

(1)女性はみんな大好き!「スイーツ」

なぜか一口食べただけで幸せな気持ちになる魔法のスイーツ。女性は大好きですよね。

育児をがんばったご褒美に、普段は高価であまり自分用には買わないブランドのチョコレートを選んでみては?

筆者のオススメは、『ラ・メゾン・デュ・ショコラ』のチョコレート。クリスマスの限定商品の豪華BOXもあり、美味しいチョコレートを1粒ずつ、ゆっくり味わうのは、とても贅沢な気持ちになります。

子どもが寝た後など、温かいドリンクと一緒に楽しんでみては?

(2)やっぱり欲しい!「ファッションアイテム」

女性のストレス発散にはやっぱり買い物。

でも独身時代や子どもがうまれる前に比べると、洋服や靴、バッグなど自分に使うお金は減って買い物に行くと、つい子どものものを見てしまう、というママも多いよう。

たまにはがんばった自分のために、子どもはパパに預けて、子連れで入りづらかった人気のファッションブランド店で思いっきり買い物をしてみては? 

(3)ママになって行けてない「エステ」、「ネイル」

ママになって美容は怠らずにはいたいものの、忙しくてホームケアがほとんどではありませんか?

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング