コレは子どもウケする!お雑煮の「意外な具材」3選

It Mama / 2014年12月30日 12時6分

写真

お正月メニューといえば、お雑煮! でも実際は、おせち料理と並んでイマイチ子どもにはウケないメニュー。

ママとしては、小さい頃からお正月くらいは日本の伝統の料理を食べてもらいたいもの。

しかしながら、夫婦でも「え、うちの味と違う」と喧嘩の原因になるほど、バリエーションに富んでいるお雑煮。地域や家庭によって様々なレシピがありますよね。

今回は都内の保育園で栄養士をしている筆者が、全国のご当地お雑煮と子どもウケする意外なお雑煮についてご紹介します。

■ 各地方にある珍しいお雑煮

お雑煮とはもともと、大晦日に年神様にお供えしたお餅や野菜などを、お正月におろして煮たものといわれます。出身地や家庭ならではの味付けが何通りもあり、実にバリエーションに富んでいます。

● 基本のお雑煮

・東京「関東風雑煮」・・・焼いた角餅に醤油仕立ての澄まし汁

・大阪「関西風雑煮」・・・焼いていない丸餅で白味噌仕立て

● 全国ご当地お雑煮

各地方に様々なお雑煮が伝わりますが、ここでは珍しい食材を使ったお雑煮をピックアップしました。

・岩手「三陸海岸のお雑煮くるみ餅」・・・くるみだれを餅につけて食べる雑煮

・新潟「親子雑煮」・・・鮭といくらが入った豪華なお雑煮

・京都「京雑煮」・・・丸餅と白味噌で関西のお雑煮決定版

・広島「ブリ雑煮」・・・出世魚のブリと名産品の牡蠣を使った旨味たっぷりの雑煮

・長崎「山海の幸の雑煮」・・・ブリを始め、10品以上もの具が入った豪華なお雑煮

こうしてみると全国各地には多種多様なお雑煮がありますね。

出身地の違うママ友同士の新年会で、「お雑煮の具材何入れる?」と聞いてみると各地方のお雑煮のレシピを教えてもらえたりするので結構盛り上がるはず!「来年は○○地方のお雑煮にチャレンジ」などと、毎年レパートリーを増やしていくと全国の特産物が知れて楽しいかもしれません。

■ 子どもウケするお雑煮の意外な具材3選

帰省先で朝から家族みんなでお雑煮を食べる人も多いハズ。少しでも食べて欲しい!そんなママの願いを込めて、子どもに人気の具材をセレクトしました。

● 白玉・お麩・・・お餅を食べられない小さな子どもには、白い具材としてお餅より飲み込みやすい白玉を小さく丸めてお餅風にして入れるのがオススメ。(食べる時は喉に詰まらせないようにママが気をつけて見てあげましょう)離乳食期の子には、アンパンマンなどのキャラクターが入ったお麩や小さく刻んだうどんを。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
It Mama

トピックスRSS

ランキング