好調「ペットボトルコーヒー」市場、まだまだ伸びる?

ITmedia ビジネスオンライン / 2018年6月14日 7時45分

写真

サントリーの「クラフトボス」。6月19日からは新商品「クラフトボス ブラウン」(中央)が加わる

 ペットボトル飲料の売り場で、500ミリリットル入りコーヒーが存在感を放っている。飲料メーカーが続々と商品を投入し、すでに定番ジャンルになりつつある。

 そのけん引役となっているのが、サントリー食品インターナショナルが2017年に発売した「クラフトボス」。それまで定番商品がなく、「ペットボトルは売れない」と考えられてきた分野で、新たな需要を開拓した。発売から1年で1500万ケース(3億6000万本)を販売し、好調を維持している。

 5月には、缶コーヒーの代表的なブランド「ジョージア」を展開するコカ・コーラもペットボトルコーヒー「ジョージア ジャパン クラフトマン」を発売するなど、競争は激しくなっている。商品が充実してきたことで、市場拡大は続きそうだ。

●2020年にはブーム前の約3倍に

 サントリーの推計によると、600ミリリットル以下のペットボトルコーヒー市場は今後も右肩上がりに伸び、20年には5年前の2.9倍に拡大する予測だ。広報担当者は「商品数が増え、コンビニなどの商品棚に定着してきた。“目的買い”のユーザーが増えていくのでは」と説明する。

 なぜ新しいニーズを開拓できたのか。中年男性が主なターゲットの缶コーヒーとは全く異なる飲み方が、若年層や女性に受け入れられたことが大きい。仕事をしながら「ちびちびと飲む」というニーズに対応し、長時間飲み続けられるすっきりとした味の商品が多くなっている。クラフトボスの場合、購入者の約3割が30代以下の男性、3~4割が女性だという。

 飲用シーンに加えて、飲用シーズンにも変化がある。缶コーヒーの場合、秋冬シーズンが最も売れる時期。一方、ペットボトルコーヒーはお茶や水の代わりになる飲み方ができることから、暑い時期にも需要がある。年間を通して商品展開がしやすいようだ。

●クラフトボスにも新たな味

 市場拡大のきっかけになったクラフトボスにも、新たな商品が加わる。6月19日、夏に向けた新商品として「クラフトボス ブラウン」を発売。既存の「ブラック」「ラテ」とは異なる味わいで、商品ラインアップを充実させる。

 ブラウンは「ブラックは苦い、ラテは甘すぎる」と感じている人がターゲット。ブラックコーヒーにミルクとガムシロップを入れて飲む人にぴったりだという。一方、缶コーヒーの「微糖」によく使われる人工甘味料は使用していない。担当者は「普段はボトル缶(ふた付きの缶コーヒー)を飲んでいる人にも試してもらいたい」と話す。

 6月12日には、味の素AGFの「ブレンディ」シリーズでも、500ミリリットル入りペットボトルの新商品「ブレンディ タグゴー」がコンビニ限定で発売された。時間をかけて飲むニーズに対応したという。缶コーヒー以外のブランドからの参入もあり、商品の選択肢はさらに広がっていきそうだ。

ITmedia ビジネスオンライン

トピックスRSS

ランキング