冬スイーツの“女王” 「雪苺娘」が20年以上愛されるワケ

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年2月11日 6時5分

写真

山崎製パンのロングセラー「雪苺娘(ゆきいちご)」

 「冬の季節商品の中でも売れ行きはとてもいいですね」

 山崎製パンが1998年から発売している「雪苺娘(ゆきいちご)」の人気ぶりについて、ローソンのスイーツ担当者はこのように語った。

 圧倒的なブランド力を誇っていた商品がいつの間にか発売を取りやめたり、生産規模を縮小したりするケースが散見される。また、コンビニや量販店が次々とプライベートブランド(PB)の商品を開発しており、ナショナルブランド(NB)の商品は脅威にさらされている。消費者の好みもどんどん多様化している。

 そんな状況で、雪苺娘はなぜ売れ続けているのだろうか。山崎製パンで商品の試作に関わったベテラン社員とマーケティングの担当社員に話を聞いた。

●洋風のいちご大福ともいえる商品

 まず、商品の概要を説明しよう。雪苺娘は求肥(ぎゅうひ)と呼ばれるもちもちの皮で、丸々1個のいちご、ホイップクリーム、スポンジを包んだ商品だ。見た目はいちご大福のようになっており、求肥の表面には粉糖(いわゆる粉砂糖)がちりばめられている。コンビニやスーパーでは1個200円前後で販売されている。

 例年、12月27日から翌年5月のゴールデンウイーク明けまで店頭に並ぶ期間限定商品だが、過去にはいちごの代わりにバナナを求肥で包んだ「雪娘(ゆきむすめ) チョコバナナ」やブルーベリーを求肥で包んだ「雪娘 ブルーベリーレアチーズ」といった商品が発売されたこともある(いずれも現在は販売していない)。

 12月27日以降に販売されるのには理由がある。まず、山崎製パンの工場はクリスマスまでケーキの製造を優先している。また、フレッシュ感ある旬のいちごを安定的に調達するのに都合がいいからでもある。

●派生商品含め、売り上げが伸びている

 雪苺娘が発売された当初の売り上げ(出荷価格ベース)は約11億円だった。その後、年によって売り上げが上下することはあったが、近年は約15億~16億円で推移している(売り上げには雪苺娘の派生商品も含む)。雪苺娘のようなブランド名を冠した同社の商品で、20年以上ヒットし続けているものには「まるごとバナナ」がある。

 売り上げの額としてはコンビニ向けが多いが、量販店やドラッグストアなどでも販売されている。幅広い業態で取り扱われているのが雪苺娘の特徴だが、これは珍しいことだという。それだけ、知名度や人気があるということだ。

 では、なぜこれほど支持されているのだろうか。生産統括本部 洋菓子本部 洋菓子第1部の山内修課長に、商品のこだわりポイントを聞いた。まず、求肥はモチモチ感とやわらかく伸びる食感を重視しており、対応できるメーカーに製造を依頼している。ホイップクリームも、雪苺娘専用のものを使っており、軽くて口どけがよくなるように工夫している。ジューシーで甘酸っぱいいちごとクリームのバランスが愛されている要因だとみる。発売以来、具材のバランスはほとんど変えていないが、時代にあわせてフレーバーなどを数年に1回程度変更しているという。

ITmedia ビジネスオンライン

トピックスRSS

ランキング