「ちくぽこ問題」をどうやって解決したのか インナー「NoPoints」の舞台裏

ITmedia ビジネスオンライン / 2019年6月26日 8時15分

写真

ぽっこり乳首を抑えるインナー「NoPoints」

 「人に見られたくない。ばんそうこうを貼ればいいのかなあ」と悩みを抱えている人もいるのでは。「ちくぽこ」の話である。「ちくぽこ? なんだよそれ」と思われたかもしれないが、ワイシャツやポロシャツを着ていて、ぽっこり浮き上がる乳首のことである。

 このような話をしても「確かに、オレの乳首もぽっこり出ているなあ。けど、気にしない気にしない。これからも堂々と街中を歩くぜ」と思われたかもしれないが、そんな人たちにちょっと気になる調査データがある。

 結婚相手紹介サービスのオーネットが20~34歳の独身男女に「夏の身だしなみでNGだと思うのは?」と聞いたところ、「乳首の目立つシャツ」が1位だったのだ。「乳首の目立つシャツ」と答えた人を男女別にみると、男性31.0%に対し、女性58.0%。半数以上の女性は、男性のぽっこり乳首に冷ややかな目線を送っているのだ。

 では、この問題を解決するには、どうすればいいのか。探したところ、あるものである。天煌堂(東京都中央区)という会社が、ぽっこり乳首を隠すインナー「NoPoints(ノーポインツ)」を開発していた。ノーポインツの最大の特徴は、構造である。肩から胸にかけて特別な生地が貼り付けられていて、素材の凹凸が乳首を隠してくれるのだ。

 Makuake(マクアケ)が運営するクラウドファンディングで製作資金を集めた天煌堂は、目標金額を達成。1着9640円(税・送料込)と高額にもかかわらず、200着を完売した。

 ちょっと変わった商品は、どのように開発したのか。また、購入したお客さんからどのような声があったのか。同社の川尻大介CEOに話を聞いた。聞き手は、ITmedia ビジネスオンラインの土肥義則。

●鏡に映っている自分の姿

土肥: 「浮き上がる乳首を隠してしまうインナー」――。初めて聞いたときには、ちょっと笑ってしまいました。どんな人がつくっているのか? どんな人たちが購入しているのか? いくつか疑問がわいてきたのですが、まずどんなきっかけでこの商品をつくろうと思ったのでしょうか?

川尻: 私は10年ほど前に結婚したのですが、その後どんどん太っていきまして。65キロから80キロくらいになってしまいました(涙)。結婚前に着ていた服はパツンパツンになってしまい、ある服を着用したところ、乳首がぽっこりと出ていることに気付いたんですよね。鏡に映っている自分の姿を見て、「なんだか嫌だなあ」と気分が落ち込みました。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング