Twitter JapanとJX通信社、情報拡散のメカニズム分析――初回は「#ジブリで学ぶ」

ITmedia ビジネスオンライン / 2020年10月29日 11時10分

写真

【画像】Twitter上の話題拡散メカニズムを分析

 Twitter Japan(東京・中央)と、SNS分析を手掛けるJX通信社(東京・千代田)は10月28日、Twitter上での大きな話題がどう拡散されたか、データ分析から解き明かすプロジェクトを開始すると発表した。

●報道機関に結果提供

 第1回は、スタジオジブリが自社アニメの画像提供をスタートしたことで盛り上がったハッシュタグ、「#ジブリで学ぶ~」シリーズ。どうやってこうしたタグが作られ、拡散していったかのメカニズムを分析するという。

 JX通信社はSNSデータから災害・事件情報を分析、報道に役立てるためマスコミに提供するベンチャー。同社はTwitter Japanから第3社を介してデータ提供を受け、社会的インパクトの大きい話題についてTwitter上でどのようにリツイート・タグ付けされて拡散していったか、メカニズムについて解析する。分析結果についてはTwitter Japanが自社ブログでレポートとして紹介するほか、メディア向けに情報提供することで報道に役立ててもらうという。

 JX通信社によると、Twitter Japanが外部機関にSNSデータを分析させ、マス・メディア向けに結果を提供する取り組みは珍しいという。

 これまでも、マス・メディアがTwitterのデータを独自に分析することで特定の話題の拡散メカニズムや世論の動向などを報道する取り組みは多かった。特にTwitterは特定の人物・団体への攻撃や炎上を生み出す温床としてやり玉に挙がることも少なくない。Twitter Japanとしては、SNSデータの分析結果を報道機関に自ら提供することで、受け身になるだけでなく能動的な情報発信も進める狙いがあるとみられる。

●初回の「#ジブリで学ぶ」とは?

 第1回のテーマとして予定されている「#ジブリで学ぶ~」は、スタジオジブリが「常識の範囲で」と提供した各作品の場面画像に、Twitterユーザーがユニークなセリフや状況説明を付けたハッシュタグのシリーズ。家事や子育ての苦労などをジブリアニメの名シーンに当てはめた「#ジブリで学ぶ主婦業」など、ユーザーの間で大喜利大会のように楽しまれている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング