1. トップ
  2. 新着ニュース
  3. 経済
  4. ビジネス

就活中の学生が選んだ「採用力」の高い企業ランキング 評価されるポイントは?

ITmedia ビジネスオンライン / 2021年9月24日 17時12分

写真

どんな企業が評価された?

 2022年3月卒業(修了)予定の大学生・大学院生を対象に実施した「新卒採用力ランキング調査」の総合1位は日本生命保険――そんな結果が、新卒メディア事業などを手掛けるダイヤモンド・ヒューマンリソース(東京都文京区)の調査で分かった。2位は大和証券グループ、3位は明治安田生命保険という結果に。

 この調査は、就職活動初期段階の学生を対象にした「就職先人気企業ランキング」とは位置付けが異なる。就職先人気企業ランキングは、学生が「入社したい会社」のランキングだが、新卒採用力ランキングは採用選考が始まる3~6月を調査期間としている。そのため、同社は「学生が就職活動を通じて企業を評価した『採用活動の通信簿』ともいえる『会社の好感度』ランキングだ」としている。

 新卒採用力ランキング調査では、公式Webサイト、インターンシップ、パンフレット・入社案内、Webメール・SNS、セミナー・説明会、先輩社員・懇談会、選考・面接の7分野を学生が評価。各分野のポイントの合計を「新卒採用力」と定義し、総合ランキングを作成した。

 2年ぶりに総合1位になった日本生命保険は、Webサイト、パンフレット・入社案内、選考・面接の3分野で1位を獲得した。また、インターンシップ・キャリア形成プログラムと、先輩社員・懇談会の2分野で2位だった。

●各分野のトップは?

 Webサイトのランキングで1位だった日本生命保険は、個別項目の「豊富な情報量」と「業界理解ができた」で評価が高かった。学生からは「さまざまな職種の方のインタビューが掲載されていた。生命保険業界の幅広い仕事が分かった」といった声が寄せられた。2位の伊藤忠商事は、採用ページ以外に公開しているコーポレートブランディングコンテンツも評価された。

 インターンシップ・キャリア形成プログラムランキングの1位は、4年連続で三井住友海上火災保険だった。インターンシップの参加者は「大変だったが、チームのメンバーと濃密な時間を過ごせた。仕事が良く分かった」と評価した。2位は日本生命保険で、3位はベネッセコーポレーションだった。

 パンフレット・入社案内ランキングの1位だった日本生命保険には「インターンシップがコロナの影響で中止になった代わりとしてパンフレットが届き、心遣いがありがたかった。仕事内容や募集要項も良かったが、若手社員へのインタビューがとても良かった」と評価する声が寄せられた。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング