「Chrome 64」安定版のアップデート公開、迷惑広告のブロックもスタート

ITmedia エンタープライズ / 2018年2月15日 9時35分

写真

ブロックされた広告についてはユーザーに通知し、広告の表示を許可する設定も選択できるようにする

 米Googleは2月13日、デスクトップ向けWebブラウザ「Chrome 64」安定版のアップデートを公開した。今後数日から数週間かけて、MacとLinux、Windows向けに配信する。

 Googleによると、今回のアップデートではJavaScriptエンジンのV8に存在していた1件の脆弱性に対処した。危険度は同社の4段階評価で上から2番目に高い「高」に分類している。

 この問題を修正したChromeの最新版は、MacとLinux向けがバージョン64.0.3282.167、Windows向けが同64.0.3282.167/168となる。

 これとは別にGoogleは、2017年6月の予告に従って、2018年2月15日から、Chromeで迷惑な広告のブロックを開始すると表明した。同社が定める広告基準の「Better Ads Standards」に従って、ポップアップ広告や、音声付きの動画を自動再生する広告、カウントダウン広告など、ユーザーに不快感を与える広告はChromeで表示されなくなる。

 ブロックされた広告についてはユーザーに通知し、「allow ads on this site」(この広告を許可する)の設定も選択できるようにする。

ITmedia エンタープライズ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング