iPhone 8/8 Plus/Xに早速触った! ガラスボディーや新しい操作性をチェック

ITmedia Mobile / 2017年9月13日 11時36分

写真

iPhone X

 Appleは、9月12日(現地時間)に、「iPhone X」「iPhone 8」「iPhone 8 Plus」の3機種を発表した。iPhone Xはディスプレイに有機ELを採用。前面のデザインが従来のiPhoneとは大きく異なり、ホームボタンも取り除かれ、上下左右いっぱいにディスプレイが広がる。

 これに対し、iPhone 8、iPhone 8 Plusは従来のiPhoneを踏襲しつつ、背面にガラスを採用。いずれもチップセットに「A11 Bionic」を採用しており、パフォーマンスが向上しているほか、ワイヤレス充電にも対応した。ここでは、現地のハンズオンで触れた実機を、写真とともに紹介していこう。

●ディスプレイの比重が増し、より未来的になったiPhone X

 10周年を迎えたiPhoneが、「これからの新たな10年を反映する新たな製品」(ティム・クックCEO)として開発したのが、iPhone Xだ。一目見れば分かるように、前面にはiPhoneがこれまで代々継承し続けてきたホームボタンがなく、上下左右いっぱいにディスプレイが広がっている。画面上部にはセンサーやインカメラが配置されるスペースがあり、ディスプレイは凹形状。上部右にセルラーやWi-Fiの電波マークやバッテリー残量が、左に時計が表示される。

 ディスプレイサイズは5.8型で、4.7型のiPhone 8よりも1型以上大きいが、手にしっかりとフィットしており、片手でも操作できた。iPhone Xのディスプレイは縦に長く、インチ数での表記よりもコンパクトだからだ。大きさの印象としては、ちょうどiPhone 8とiPhone 8 Plusの中間程度だと感じた。ディスプレイの比率が従来の16:9から2:1に近くなっているため、縦長になっているというわけだ。

 背面の素材はガラスで、これはiPhone 8、iPhone 8 Plusと共通。周囲はアルミのフレームで囲まれている。シルバーは背面がホワイトに近く、スペースグレイは、側面が黒く、背面はやや白味がかった黒といった色合いだ。背面には、2つのカメラが搭載されている。広角レンズがF1.8、望遠レンズがF2.4で、iPhone 7 Plusや8 Plusと同様、疑似的に光学2倍ズームをして被写体に寄ることができる。また、どちらのカメラも画素数は12メガピクセルで、光学式手ブレ補正も両方に搭載される。

ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング