「Xperia XZ2 Premium」は何が新しい? XZ2やXZ Premiumと比較する

ITmedia Mobile / 2018年4月17日 15時50分

写真

左からXperia XZ2 Premium、Xperia XZ2、Xperia XZ2 Compact。基本デザインは共通している

 ソニーモバイルコミュニケーションズが、新型スマートフォン「Xperia XZ2 Premium」を発表した。2018年2月にスペインのバルセロナで開催されたMobile World Congress 2018で「Xperia XZ2」と「Xperia XZ2 Compact」が発表されたが、これに続く新機種となる。

 MWCでソニーモバイルは2眼カメラの技術を発表しており、後継機に搭載することを予告していたが、このモデルがXperia XZ2 Premiumとなる。半年後の2018年9月に開催される「IFA 2018」あたりで発表するのかと思いきや、意外と早く登場した。

 このXperia XZ2 Premiumは、何が新しいのか。同じXZ2シリーズのXperia XZ2/XZ2 Compactや、Premiumの前モデル「Xperia XZ Premium」とは何が違うのか。主な特徴やスペックを比較していく。

●ついにデュアルカメラを搭載

 まず注目したいのが「デュアルカメラ」だ。Xperia XZ2 Premiumは、Xperiaとしては初めて、背面に2つのカメラを搭載した。カラーセンサーとモノクロセンサーという構成で、有効画素数はカラー側が約1920万画素、モノクロ側が約1220万画素。センサーサイズはどちらも1/2.3型で従来のハイエンド機と同じだが、F値はモノクロセンサーが1.6、カラーセンサーが1.8となっており、従来の2.0から向上。より明るく撮影できることが期待される。焦点距離(35mmフィルム換算)はどちらのレンズも25mmで、従来機と同じ。

 カラーセンサーはXperia XZ2/XZ2 Comapct/XZ Premiumと同じもので、色情報を取得する役割を持つ。メモリ積層型のMotion Eye(モーションアイ)カメラシステムも健在で、先読み撮影をしたり、960fpsのスーパースローモーション映像を撮ったりできる。

 新たに搭載したモノクロセンサーでは、輝度の情報を取得する。2つのセンサーが読み取った情報を、ソニーが独自に開発した画像融合処理プロセッサ「AUBE」で融合させることで、暗いシーンでもノイズが少なく明るい写真を残せるという。最大ISO感度は、静止画撮影時が従来の12800から51200へ、動画撮影時が従来の4000から12800へ向上している。

ITmedia Mobile

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング