モバイル決済はどんなサービスがある? 大きく分けると「3種類」

ITmedia Mobile / 2019年2月8日 6時0分

写真

クレジットカードを登録して決済をしたり、Suicaを使ったりできる「Apple Pay」

 サービスが増加しているモバイル決済を、Q&A形式で解説する連載がスタート。多くの人が感じる素朴な疑問から、お得で便利な活用法までを解説する。今回は第1回ということで、現在提供されている、主要なモバイル決済サービスを紹介する。

 世界的なキャッシュレス化の流れ、中国広まったQRコード決済、さらに政府が2025年までにキャッシュレス決済の比率を4割程度まで引き上げるという目標を決めたことなどから、2016年頃からスマートフォンを使った決済、モバイル決済が大きな注目を集め続けている。

 日本ではフィーチャーフォン時代から「おサイフケータイ」としてモバイル決済を導入してきたが、2018年にはQRコード/バーコードを読み取るタイプの新サービスが続々登場。2019年にも数多くの新サービスが始まると見られている。

●iPhone 7以降なら「Apple Pay」

 iPhoneで利用するモバイル決済としてまず挙げたいのが「Apple Pay」だ。FeliCaを搭載したiPhone 7以降のiPhone、Series 2以降のApple Watchを、お店にある読み取り機にかざして素早く決済できる。SuicaカードやクレジットカードをiPhone内の「Wallet」アプリに登録すると、iPhoneをかざして交通機関や店舗での非接触決済に利用できる。また、アプリ内決済やECサイトでもApple Payで支払いができる。

 対応するカードをWalletアプリに登録する際、Suicaカードの上にiPhoneを重ねてカード情報を転送したり、クレジットカード番号をカメラで読み取ったりと、非常に簡単に登録できる。支払い前にTouch IDやFace IDで認証するので第三者に使われるリスクが少ないこと、機種変更の際にカード情報の移行が簡単なことも好評だ。

 サクッと使いたいならSuicaがオススメだ。「エクスプレスカード」として登録すると、iPhoneやApple Watchのロックを解除をしなくても利用できる。一方、クレジットカード派は、iD、QUICPay/QUICPay+が使える場所で使える。Touch IDやFace IDの素早いロック解除でスマートに決済できる。

●Androidスマホで使うなら「おサイフケータイ」

 FeliCaを搭載したAndroidスマホなら「おサイフケータイ」が使える。フィーチャーフォン時代のおサイフケータイを継承してきた形で、Suica、電子マネーの老舗である楽天Edy、流通系ならnanacoやWAON、また、クレジットカードを登録してiDやQUICPay/QUICPay+が利用できる。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング