楽天の携帯キャリア事業、「10月開始は確実」――三木谷社長が見せる自信

ITmedia Mobile / 2019年2月12日 22時30分

写真

楽天の三木谷浩史社長

 楽天が2月12日に2018年度通期・第4四半期決算説明会を開催。楽天の決算説明会では通常、EC、決済、モバイル、流通などの項目がバランス良く説明されるが、今回は、大半の時間がMNO(携帯キャリア)事業の説明に割かれた。

 というのも、楽天のMNO事業を行うグループ会社、楽天モバイルネットワークが、2月3日にクラウドベースの完全仮想化ネットワークによるデータ通信に世界で初めて成功したことを決算会見と同時に発表したから。三木谷浩史社長は「2月3日は、世界初のクラウドネットワークが誕生した記念すべき日だ」と感慨深げに話す。

 楽天モバイルネットワークが東京都二子玉川周辺で行った実験では、メッセージアプリ「Rakuten Viber」のビデオ通話や音声通話、スピードテストなどを通じて、安定したデータ通信を確認できたという。今後は対象地域やテスト参加者などを拡大しながら、音声ネットワークのテストも順次開始する見込み。

 三木谷氏は「われわれは第4のキャリア。先行している企業(ドコモ、KDDI、ソフトバンク)と同じことをやってもあまり意味がない。昨今、モバイル通信の技術革新があまりにも速いので、後から入った方が技術的に有利。楽天はクラウドベースの新しいネットワークを作っている。冗長構成があらゆるところで効いているので安定性があり、拡張性も非常に高い」と手応えを語る。

 仮想化ネットワークの詳細については、携帯事業のCTO(最高技術責任者)を務めるタレック・アミン氏が説明した。

 まず、無線アクセスネットワーク内のハードウェアとソフトウェアを分離することで、アンテナと無線機だけの小規模な基地局を構築できる。これにより、基地局を設置する場所の自由度が上がる。さらに仮想化によって周波数効率が向上し、オープンAPIを活用することでマルチベンダー化も可能になるとしている。

 さらに、基地局のそばにサーバを配備する「モバイルエッジコンピューティング(MEC)」を採用することで、「より高速で、遅延の少ない通信を実現する」とタレック氏。

 三木谷氏は日本では2020年以降に商用サービスが始まる「5G」を見据えたネットワーク構築も行っていると付け加える。「既存キャリアは、(5Gに向けて)ほぼ新しくネットワークを作り替えないといけないが、楽天は、基地局ロケーションとネットワーク構成も含めて、最初から5Gに適合した設計を始めている」と同氏。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia Mobile

トピックスRSS

ランキング