Appleはなぜ発表会の前週に新「iPad Air」「iPad mini」を発表したのか

ITmedia Mobile / 2019年3月23日 6時0分

写真

iPad Air

 それはまさに青天のへきれきだった。Appleが、3月25日(現地時間)に米カリフォルニア州で開催される発表会に先立ち、18日に「iPad Air(第3世代)」と「iPad mini(第5世代)」の2機種を発表した。19日にはパフォーマンスが2倍に上ったとうたう「iMac」を発表。これで終わらず、20日はバッテリー駆動時間やQiに対応した、第2世代の「AirPods」を発表し、話題を集めた。

 発表会の1週間前に、3日連続で新製品を発表するのは異例の展開。ここからは、サービス事業に収益構造をシフトさせたいAppleの思惑も見え隠れする。ここでは、刷新されたiPadのラインアップを振り返るとともに、発表会の前の連続発表にどのような意味があるのかを解説する。

●第6世代iPadとiPad Proの間を埋める新「iPad Air」

 新しく加わったiPad Airは、10.5型のディスプレイを搭載したタブレットだ。Appleは2018年11月に発売した11型と12.9型の「iPad Pro」でホームボタンを廃し、iPhone Xシリーズと同様のFace IDを採用したが、iPad Airではそれが見送られている。デザイン的には、既存モデルとして併売されてきた10.5型のiPad Proをマイナーチェンジして、Airのブランドを冠したかのようにも見える。

 実際、iPad Airは、Proのブランドこそないが、背面に「Smart Connector」を搭載しており、ディスプレイ保護用のケースを兼ねる「Smart Keyboard」も装着できる。Smart Keyboardは、10.5型のiPad Proと共通のものだ。一方で、背面を見ると、カメラの出っ張りがなくなり、背面がフラットになっていることが分かる。あえてカメラのスペックを12メガピクセルから8メガピクセルへと落とし、Airとしてのデザインを優先させたことがうかがえる。

 後述するiPad miniと同様、第1世代ながらApple Pencilにも対応。プロセッサはiPhone XS、XS Max、XRと同じ「A12 Bionic」で、ニューラルエンジンも搭載する。8コアのCPUと7コアのGPUを持つ、現行iPad Proの「A12X Bionic」には及ばないが、最新のiPhoneと同じと考えれば、十分なパフォーマンスといえる。iPad Proよりは遅くなるかもしれないが、画像や動画の処理にも十分耐えるスペックだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング