充電ケーブル断線問題を解消 頑丈なケーブルはコレだ

ITmedia Mobile / 2019年3月24日 6時0分

写真

Belkin「DuraTek Lightning to USBケーブル」

 スマホの充電ケーブルは毎日のように頻繁に使う人が多いだろう。しかし常日頃から使うケーブルには断線が付き物だ。筆者は過去にうさぎを飼っていたことがあり、スマホやPCのケーブルをかみち切られた苦い経験がある。少し切れただけでは問題ないと思いがちだが、そのまま使うと発火する危険もある。

 そこで今回は、丈夫なケーブルを幾つか紹介する。スマホのケーブルは数種類あり、「Micro USB」「USB Type-C」「Lightning(ライトニング)」が主流だ。

 Lightningケーブルを選ぶ際は、模倣品も多く存在するので注意が必要だ。選ぶ際にMFi認定を受けた製品かどうかを確認することがポイントだ。MFi認定を受けた製品には、Appleの厳しい審査をクリアした証として「MFiロゴ」がパッケージに記されている。また、Appleが認証したICチップを搭載しているため「iOS(iPhone/iPad)をアップデートしても使える」と保証されていることが多い。

●Belkin「DuraTek Lightning to USBケーブル」

 iPhoneやiPadを使う人で耐久性を重視する人にオススメしたいケーブル。外部の素材には軽量性、柔軟性、耐摩耗性に優れたプレミアムナイロンを採用している。これを二重に編み込むことで強度と弾性を高めているという。内部には摩擦を抑える柔軟な絶縁体に加え、芯線として「ケブラー繊維」を採用した。

 接続部のストレインリリーフには柔軟なTPE素材を採用し、折り曲げにも強い。5000回以上にわたる約180度の折り曲げテストもクリアしている。

 最大出力は2.4Aに対応するので急速充電が可能だ。前述のMFi認証も取得しており、5年のメーカー保証もある。長く使いたい人にもぜひオススメしたいケーブルだ。

 カラーバリエーションはローズゴールド、ゴールド、シルバー、ブラックの4色展開で、長さは1.2mある。Amazon.co.jpでの価格は3112円(税込、以下同)。

●オウルテック「断線に強い超タフUSB Type-Cケーブル OWL-CBKCA」

 USB Type-Cに対応する端末を充電できるケーブルで、内部にアラミド繊維と外部にロングブッシュ機構を採用している。5万回以上の折り曲げ試験をクリアしている。オウルテックの従来品よりも約3.5倍の耐久性を実現したという。最大出力は2.4Aに対応するので急速充電が可能だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング