「家族割プラス」「制限時速度アップ」「原則容量無制限」――auの新プランの特徴を再チェック

ITmedia Mobile / 2019年5月14日 10時0分

写真

新料金プランのまとめ(各種割引適用後)

 既報の通り、KDDIと沖縄セルラー電話が新料金プラン「新auピタットプラン」「auフラットプラン7プラス」を6月1日から、「auデータMAXプラン」を発表。それに伴い、一部を除くスマホ向け旧プランの加入受け付けを2段階に分けて終了する。

 新料金プランでは、「家族割プラス」という回線数に応じた割り引きも導入。NTTドコモやソフトバンクに追随した。

 新料金プランにはどのような特徴があるのだろうか。5月13日に都内で開催された「au発表会 2019 Summer」の模様を交えつつ、改めて見ていこう。

(記事中の料金は全て税別)

●家族利用で割り引き ただし「家族」の定義に注意

 従来の「auピタットプラン」「auフラットプラン」では、家族(契約回線数)に応じた割り引きが用意されていなかった。

 それに対し、「家族で利用する際の負担感を軽減すること」(関係者)を目的として、今回登場した新プランでは家族のau携帯電話契約数に応じて月額料金を継続的に割り引く「家族割プラス」(法人向けには同一内容の「法人割プラス」)を提供する。

 割り引き額は家族内の契約数によって以下の通り変動する。

・家族で2回線契約:月額500円/回線

・家族で3回線以上契約:月額1000円/回線

 割り引き対象となるのは新プランのみだが、新プラン以外の「auフラットプラン」や「VKプラン」シリーズ(VoLTEケータイ専用プラン)、ケータイ向け「カケホ」「スーパーカケホ」も回線のカウント対象となる。

 例えば、家族で「新auピタットプラン」「VKプランM」「auフラットプラン5(学割専用)」を契約している場合、回線カウントは「3回線」で、新auピタットプランの1回線に対して月額1000円の割り引きが適用される。

 家族割プラスと従来の「家族割」は、家族の定義が異なる点にも注意が必要となる。

 家族割では、同一住所に住む家族の他、所定の書類を提示すれば遠隔地に住む家族とも割り引きグループを組むことができる。

 一方、家族割プラスは、原則として同一住所に住む家族にのみ適用される。ただし、auスマートバリューの対象となる光・CATV回線を契約している場合に限り、50歳以上の別居家族にも適用可能としている。

 ちなみに、家族割は音声通話とSMS(Cメール)、家族割プラスはデータ通信に対する割り引きで、両者を重ねて適用することもできる。

●通話(準)定額はオプション化

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング