映像をスマホで確認できる、Wi-Fi搭載ドライブレコーダー「Everio」新モデル

ITmedia Mobile / 2019年6月19日 18時42分

写真

ドライブレコーダー「GC-DR20」

 JVCケンウッドは、7月上旬にドライブレコーダー「Everio」の新モデル「GC-DR20」を発売する。市場想定価格は1万5000円前後(税別)。

 本製品はWi-Fi機能を搭載し、専用アプリを経由して撮影した映像のストリーミング再生やスマートフォンなどへの転送が可能。高精細なフルハイビジョン(1920×1080ピクセル)に対応し、走行時の映像をより細部まで鮮明に記録できるとしている。衝撃を検出した10秒前から50秒後までを録画する「Gセンサー」を備え、映像は上書きがされない「イベント」フォルダに保存される。

 1秒間に撮影するコマ数を適正に設定しているためLED信号機の点灯も記録でき、急激な明るさの変化に強いWDR(ワイドダイナミックレンジ)も搭載。地上デジタル放送電波への干渉を低減するノイズ低減設計で、高耐久MLCタイプのmicroSDHCメモリカード(8GB)やコードクリップ(5個)を付属。小型車にも対応する薄型コンパクトモデルで、サイズは約63(幅)×51(高さ)×28(奥行き)mm。カラーはブラック、ブルー、ブラウンの3色から選べる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング