iPhone XSでIIJmioの「eSIM」を使ってみよう(設定編)

ITmedia Mobile / 2019年8月18日 7時5分

写真

IIJのeSIMカードをメイン回線にすると、国内大手キャリアのSIMカードでは見られなくなった「LTE」表示が復活する

 既報の通り、インターネットイニシアティブ(IIJ)が7月18日、eSIMを使った個人向けのデータ通信サービス「IIJmioモバイルサービス ライトスタートプラン(eSIMベータ版)」を開始しました。

 名前の通り“β版”ではありますが、個人が国内で使える事実上初めてのeSIMを使った通信サービスです。

 以前、eSIMの利便性を体感した筆者としては、使ってみないわけには行きません。そこで、IIJから協力を得て、手持ちの「iPhone XS」で試してみることにしました。

●SIMロックなしのeSIM対応端末が必要

 IIJmioのeSIMを利用するには、SIMロックのかかっていないeSIM対応端末が必要です。最初からSIMロックフリーのものはもちろん、SIMロックを解除したeSIM対応端末でも大丈夫です。

 IIJでは、以下の機種で動作を確認しています(8月16日現在)。

・iPhone XS

・iPhone XS Max

・iPhone XR

・11インチiPad Pro(Wi-Fi+Celluarモデル)

・12.9インチiPad Pro(第3世代のWi-Fi+Celluarモデル)

・Surface Pro LTE Advanced

 いずれの確認済み機種も、eSIMをサポートするOSでの稼働が条件となります。iPhoneやiPadなら「iOS 12.1」以降、Surface Pro LTE Advancedなら「Windows 10 Version 1803(April 2018 Update)」以降のOSになっているかどうか確認しましょう。

●QRコードを読み込んでeSIMをセットアップ

 先述の通り、今回は筆者のiPhone XSでIIJmioのeSIMを試用します。iPhone XSはNTTドコモ経由で購入したもので、同社のSIMロックがかかっていましたが、すでに解除してあります。

 IIJmioのeSIMでは、書き込みに必要な「アクティベーションコード」(QRコード)は「会員専用ページ」で確認するようになっています。Webサイトで契約した後、しばらくすると確認できるようになります(そのタイミングで連絡先のメールアドレス宛に通知も来ます)。

 アクティベーションコードが確認できるようになったら、以下の手順でeSIM情報を書き込みます。書き込み時には、端末側で有効なインターネット回線への接続が必要です。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング