「ZenFone 6」が国内上陸 180度回転するフリップカメラ搭載、約7万円から

ITmedia Mobile / 2019年8月20日 15時8分

写真

「ZenFone 6(ZS630KL)」のトワイライトシルバー

 ASUS JAPANが8月20日、最新スマートフォン「ZenFone 6(ZS630KL)」の国内投入を発表。8月23日に発売する。価格(税別)は128GBモデルが6万9500円、256GBモデルが8万2500円。カラーはトワイライトシルバーとミッドナイトブラックの2色。なお、トワイライトシルバーの8GBモデルのみ、8月30日発売となる。

 ZenFone 6は、カメラやパフォーマンスに注力した最新のフラグシップスマートフォン。海外では2019年5月に発表されており、日本での発売も期待されていた。

 基本的なスペックは海外モデルと共通している。最大の特徴といえるのが、電動駆動のフリップカメラだ。通常はアウトカメラとして背面に収納されているが、インカメラに切り替えると、カメラ部分が回転し、ディスプレイの上にカメラが現れる。つまりアウトカメラとインカメラ、どちらも同じカメラを使っており、セルフィーもアウトカメラの画質で撮影できる。顔認証をする際も、カメラが素早く回転して立ち上がり、認証が終わると自動で背面に収納される。

 撮影中、カメラは180度の範囲で自由にアングルを調整でき、画面のカメラアイコンをスワイプするか、ボリュームキーを押すとカメラが動く(指で動かす方法は推奨されない)。カメラを90度以内で回転させた状態のまま撮影者が立てば、カメラが下を向くため、目線を低くする必要のある子どもやペットなどが撮影しやすくなる。なお、カメラが回転したまま端末を落とすと、自動で収納される保護機能も搭載している。カメラは1万回の回転に耐えられるよう設計されているという。

 カメラは有効約4800万画素のメインカメラと有効約1300万画素の超広角カメラで構成される。メインカメラのセンサーサイズは1.6nm、F値は1.79、最大8倍のデジタルズームに対応する。背景をぼかして撮影できるポートレートモードも利用できる。超広角カメラは125度の画角を持ち、ゆがみを自動で補正する機能も備える。F値は2.4。

 動画撮影は4K 60fpsまで可能で、3軸の電子式手ブレ補正にも対応している。ASUSによると、4K 60fps+電子式手ブレ補正で自分撮りができるのはZenFone 6が初だという。フリップカメラを動かしながら、スマホ本体を動かすことなく、180度のパノラマ撮影が可能な「オートパノラマ」もZenFone 6ならではの機能だ。フリップカメラが自動で動いて被写体にフォーカスを合わす「モーショントラッキング」も利用できる。アウトカメラとインカメラで使える機能はほぼ同じで、インカメラでもポートレートモードや夜景モードを利用できる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング