「ZenFone 6」を試す フリップカメラが超楽しい! 大容量バッテリーでスタミナも安心

ITmedia Mobile / 2019年8月20日 15時5分

写真

「ZenFone 6」(カラーはトワイライトシルバー)

 スマホはハードで勝負。そう思わせてくれる端末がASUSの「ZenFone 6」だ。

 ZenFone 6最大の特徴は、画面に切り欠き(ノッチ)がない代わりに、背面カメラをインカメラとしても補う「フリップカメラ」を搭載している点だ。通常時は背面側に収納されたカメラが、インカメラとして使うときにぐるりと回転し、前面に現れるのだ。初見で「なるほど。この手があったか」と、かなり驚いてしまった。今回はそんなZenFone 6のよしあしをじっくりと見ていきたい。

●大型のディスプレイにDSDV対応、イヤフォン端子もしっかり搭載

 カメラのギミックに触れる前に、本体回りをチェックしていこう。本体前面いっぱいに広がるのは6.4型の巨大なディスプレイ。解像度は1080×2340ピクセルとなり、ASUSは「IPSオールスクリーンディスプレイ」と名付けている。ディスプレイを保護するパネルにはCorning Gorilla Glass 6を採用している。

 6.4型の割には、先代モデルの「ZenFone 5」(6.2型)と同等のサイズを実現しており、ディスプレイサイズを大型(画面占有率は92%)にしながら、本体サイズに配慮した設計となっている。また、本体の角や背面が丸みを帯びた形状なので、持ちにくさも感じなかった。が、個人的に片手で持つには限界のサイズだと感じた。

 SIMカード関連では、ASUSシリーズでおなじみのDSDV(デュアルSIM、デュアルVoLTE)に対応し、ドコモ、au、ソフトバンクのネットワークと高音質通話のVoLTEに対応する。nanoSIM2枚とmicroSD1枚が1つのトレイに収納できる設計もありがたい。

●HDR撮影や背景ボカシも優秀

 さて、本体回りもチェックしたところで、肝心要のフリップカメラを試した感想を述べたい。

 フリップカメラのセンサーはソニー製「IMX 586」を採用し、約4800万画素のメインカメラはF値が1.79と明るいレンズを採用している。撮影範囲も79度と広めで、焦点距離は26mm相当となる。レーザーオートフォーカスや光学式手ブレ補正も搭載している。もう片方のカメラは125度の超広角撮影を可能とし、焦点距離は11mm相当だ。

 フリップカメラの素材には、液体合金を精密加工することで、軽量ながら剛性を高めた「アモルファス合金」を採用。モーター部分には、小さな歯車を使うことで、高速かつ滑らかな動作を可能としている。フリップカメラが稼働中の状態で本体を落とした場合は、センサーがそれを感知し、瞬時にフリップカメラを収納する。また、ASUSはフリップ部分を1万回の使用に耐えられるよう設計したという。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング