新iPhone発表で消えたモデル、残ったモデルの新価格

ITmedia Mobile / 2019年9月11日 4時42分

写真

iPhoneの新ラインアップを発表するフィル・シラー氏

 米Appleは9月10日(現地時間)、次期iPhoneの発表と同時に、旧モデルの値下げも発表した。

 旧モデルで生き延びたのは、「iPhone 8」と「iPhone XR」のみ。iPhone 8が唯一のホームボタン搭載モデルとして残った。

 iPhone 8は6万7800円から5万2800円に値下げ(1万5000円引き)、iPhone XRは8万4800円から6万4800円に値下げ(2万円引き)された。いずれも税別価格で、下取りなしの場合だ(以下同)。

 「iPhone 7」「iPhone XS」「iPhone XS Max」がラインアップから消えた。

 なお、新iPhoneの価格は以下の通り。

・「iPhone 11」:7万4800円から

・「iPhone 11 Pro」:10万6800円から

・「iPhone 11 Pro Max」:11万9800円から

 新モデルで最も安いiPhone 11の価格は、現行の最安モデルiPhone XRの発売段階の価格より1万円安い。

 最上位モデルのiPhone 11 Proで容量を最大の512GBにすると、価格は15万7800円になる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング