ドコモが「5Gプレサービス」対応端末を披露 スマホ3機種とルーター1機種

ITmedia Mobile / 2019年9月18日 11時3分

写真

サムスン電子製の5Gプレサービス用スマートフォン(正面)

 NTTドコモは9月18日、9月20日にスタートする「5Gプレサービス」において利用する端末を発表した。内訳はスマートフォン3機種とルーター1機種で、プレサービス会場(後述)におけるサービス体験で使われる。

【追記:11時25分】5Gエリアの展開予定を追記しました

●プレサービス用端末の概要

 今回プレサービス用に使われる端末は、全てQualcommのプロセッサ「Snapdragon 855」に同社製の「Snapdragon X50 5G modem」を組み合わせた構成で、スマホ1機種を除いて「Sub-6」(6GHz未満の電波)とミリ波(mmWave:30GHz前後の電波)の両方で5G通信できるようになっている。

 あくまでも、全て5Gプレサービス用という位置づけで、市販される予定はない。

 5G通信時の理論上の最高通信速度は以下の通り。

・ミリ波対応エリア:下り2.8Gbps(350MB/秒)/上り202Mbps(25.25MB/秒)

・ミリ波非対応エリア:下り2.4Gbps(300MB/秒)/上り107Mbps(13.375MB/秒)

ソニーモバイルコミュニケーションズ製スマートフォン(ミリ波対応)

 ソニーモバイルコミュニケーションズ製のプレサービス用スマホは、一見すると現行の「Xperia 1」を少し縦長にしたようなイメージ。見た目は、ソフトバンクの5Gプレサービスで使われた端末とほぼ同じだ。

 アウトカメラはデュアル構成で、背面は光沢仕上げで、ソニーロゴ、ドコモロゴとXperiaロゴが見受けられる。

サムスン電子製スマートフォン(ミリ波対応)

 サムスン電子製のプレサービス用スマホは、韓国や欧米で発売済みの「Galaxy S10 5G」をベースとしたもの。背面にはGalaxyロゴとドコモロゴが見受けられる。

LG Electronics製スマートフォン(ミリ波非対応)

 LG Electronics製のプレサービス用スマホは、本体に画面付きカバーを取り付けて2画面構成にできることが特徴。ベースモデルへの言及はないが、仕様から「LG V50 ThinQ」がベースになっているものと思われる。

 アウトカメラはトリプル構成で、背面には指紋センサーも見受けられる。今回のプレサービス用端末の中で、この機種のみミリ波通信に対応しない(Sub-6のみ対応)。

シャープ製ルーター(ミリ波対応)

 シャープ製のプレサービス用のルーターは、据え置き利用を前提としており、外部から電源供給を受けて動作する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング