20日に配信 「iOS 13」の新機能をまとめてチェック

ITmedia Mobile / 2019年9月19日 10時10分

写真

iOS 13のイメージ

 iOSデバイス向けの最新OS「iOS 13」が、日本時間で9月20日(恐らく未明)に配信される。iOS 13では何が変わるのか。Appleが公開している情報をもとに予習しておこう。

●対応機種は?

 iOS 13に対応する機種は以下の通り。

・iPhone……iPhone XS、iPhone XS Max、iPhone XR、iPhone X、iPhone 8、iPhone 8 Plus、iPhone 7、iPhone 7 Plus、iPhone 6s、iPhone 6s Plus、iPhone SE

・iPod touch……iPod touch(第7世代)

●黒を基調にした「ダークモード」に対応

 ダークモードはMac向けに提供されていた機能で、iOSでも使えるようになる。黒を基調とした配色で目の負担を軽減できる。壁紙の他に、カレンダーやリマインダー、メッセージなどのApple純正アプリでダークモードを利用できる。サードパーティーでも使えるとしているが、各アプリもアップデートで対応するとみられる。

●新しい写真アプリ、ポートレートライティングに新エフェクト追加

 新しい写真アプリでは、「写真タブ」で従来の「全ての写真」の他に、年月日ごとに写真を表示できる。タイルのようなスタイルで、それぞれの写真が大きく表示されるが、機械学習を活用することで、見栄えの悪い写真や重複した写真は表示されない。

 また、写真を直感的に編集できるような工夫も施されている。明るさやコントラストなどの項目が数値と共にダイヤルのようなボタンで表示される。

 ポートレートライティングには、スタジオ照明の位置と強度をバーチャルに調整できるほか、白い背景にモノクロの被写体を配置して、クラシックな印象に仕上げる「ハイキー照明(モノ)」というエフェクトも追加される。

●Apple IDだけで他社サービスにログイン可能

 アプリやWebサイトにログインする際、従来のように各アカウントを使わず、Apple IDだけでログインできるようになる。一度Apple IDでログインすると、次回以降はパスワードの入力をせずに、Touch ID(指紋認証)やFace ID(顔認証)でログインできる。

 メールアドレスを特定のアプリと共有するかを選べる他、Appleがランダムな文字で形成した仮アドレスも提供される。これにより、自分の本当のアドレスを他者に知られるリスクを軽減できる。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング