「UQ mobile」と「Y!mobile」どちらを選ぶ? 違いを整理する(2020年春版)

ITmedia Mobile / 2020年2月15日 6時5分

写真

UQ mobileの料金プラン

 大手キャリアのサブブランドとして、ひとくくりにされがちな「UQ mobile」と「Y!mobile」。春からの新生活に備えて、これら2つのサービスどちらを契約しようか、迷う人も多いのではないかと思う。この記事では、2つのサービスの違いを紹介する。

●ベースの基本料金はUQ mobileの方が安い

 まずは、UQ mobileとY!mobileに共通する内容から見ていこう。UQ mobileとY!mobileの基本的な料金プランは各種割引を適用するとほぼ同額になる。スマートフォン向けのデータ通信プランは大きく3つに分かれる。

 最大3GBを使えるプランが1480円(税別、以下同)、最大9GBを使えるプランが2480円(税別、以下同)、最大14GBを使えるプランが3480円。これらは、Y!mobileの場合「新規割」「家族割」「おうち割 光セット(A)」、UQ mobileの場合「UQ家族割」をそれぞれ適用した後の金額だ。

 なお、キャンペーンやセット割を適用しない料金は、UQ mobileの方が安い。例えば3GBプランだと、UQ mobileが月額1980円なのに対し、Y!mobileは月額2680円となる。

 また、2019年9月までは2年間の契約期間内(更新期間を除く)に解約すると9500円の違約金が掛かっていたが、2019年10月から電気通信事業法の一部が改正されたことで、いわゆる「2年縛り」が完全に撤廃された。

●UQはデータ繰り越せる Y!mobileは子回線とシェアできる

 データ通信における違いだが、UQ mobileにはデータの繰り越しがあり、基本データ通信容量の残量(使わなかった分)は翌月に繰り越せる。当月の余り分については、翌月までが有効期限となる。

 Y!mobileではデータの繰り越しができない。「今月はデータを使わないが来月はたくさん使いそう……」という不安を抱える人は、UQ mobileの方が向いているかもしれない。

 データ繰り越しがない代わりにY!mobileには「シェアプラン(子回線)」という仕組みがあり、親回線のデータ通信容量を子回線と分け合うことができる。データ専用のSIMカードなら3枚まで追加でき、プランSなら基本料金にプラス980円、MとRは490円で追加発行できる。複数台のスマホやタブレットを使う人におすすめだ。

【訂正:2020年2月15日19時22分 初出時に、「スマホプランR」のシェアプラン追加料金を0円としていましたが、正しくは490円です。おわびして訂正致します】

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング