“業界最安と差別化”を両立させたauの「povo」 既存の使い放題セットプランも値下げに

ITmedia Mobile / 2021年1月13日 21時2分

写真

オンライン専用の新料金ブランド「povo」

 KDDIが1月13日、3ブランドで新料金プランを発表した。1つが、オンライン専用の新料金ブランド「povo(ポヴォ)」。もう1つがauの大容量プラン「使い放題MAX4G」と「使い放題MAX5G」。そして、UQ mobileの料金プランもリニューアルする。

 ここでは、3ブランドの新料金プランについて、詳細を見ていこう。

●業界最安値を狙ったpovo

 povoは、月額2480円(税別、以下同)で20GBのデータ通信を利用できるプラン。同じくオンライン専用プラン(ブランド)として提供されるドコモの「ahamo」、ソフトバンクの「SoftBank on LINE(仮称)」の対抗プランに位置付けられるが、月額料金はahamoとSoftBank on LINEの2980円より500円安い。ただし、povoには5分かけ放題が含まれておらず、povoに5分かけ放題(500円)を加えると、月額2980円で横並びとなる。

 5分かけ放題をオプション扱いとした理由についてKDDIの高橋誠社長は、「スマートフォンを利用している20代以下の当社(au)のお客さまのうち、通話時間が月間10分未満の人が6割以上にいる」と説明する。インターネット通話で十分、音声通話はほとんど使わないというユーザーに対して、より安価なプランを提供することにした。高橋氏は「ベース料金は2480円、3キャリアで最安値を出していきたいと思った」と狙いを話す。

●トッピングには「ワクワク」

 povo最大の特徴といえるのが、データ通信や音声通話、各種サービスのオプションを追加できること。KDDIはこれを「トッピング」と呼んでいる。

 トッピングの第1弾として、200円で24時間データ通信が使い放題、月額500円で5分かけ放題、月額1500円でかけ放題を提供する。このトッピングは、日、週、月といった単位で付けたり外したりできる。例えば休日にNetflixで動画を視聴したければ、200円を支払うことで、その日だけは20GBのデータ容量を消費せずに動画を視聴できる。「ベースの20GBに加えてトッピングをうまく使えば、非常にお安い料金で利用できる」と高橋氏は自信を見せる。

 サービスやコンテンツと連携したトッピングメニューも追加していく予定。社内外からさまざまなアイデアが集まっているそうで、「2時間ドラマが見放題」「SNSが1日使い放題」「スポーツの試合が1日見放題」など、コンテンツプロバイダーとも連携していくようだ。「ドラマのシーズン1が始まるので、今月だけトッピングをする、といったことも検討したい」(高橋氏)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング