「iPhone 8/8 Plus/X」変更点・新機能は? ガラス背面でワイヤレス充電、顔認証……7/7 Plusとの違いを速攻チェック

ITmedia NEWS / 2017年9月13日 6時20分

写真

「iPhone X」、「iPhone 8 Plus」、「iPhone 8」

 米AppleはiOS搭載スマートフォンの新モデルとして、4.7インチディスプレイ搭載の「iPhone 8」と、5.5インチディスプレイ搭載の「iPhone 8 Plus」、5.8インチ最上位モデルの「iPhone X」(テン)を発表した。iPhone 8/8 Plusは9月22日、iPhone Xは11月3日に発売する。2016年に発売した前モデル「iPhone 7/7 Plus」からの変更点を早速チェックしてみよう。

 ラインアップはストレージ容量別に全6モデル。SIMロックフリーモデルの価格はiPhone 8が7万7800円(税別、以下同様)、iPhone 8 Plusは8万9800円、iPhone Xは11万2800円から。

●ホームボタンを廃止して4辺とも狭額縁にしたiPhone X

 iPhone 7/7 Plusから形状を踏襲している8/8 Plusと異なり、「スマートフォンの未来の形」と説明するiPhone Xは、ホームボタンを廃止して画面の4辺を狭額縁にした。7/7 Plus、8/8 PlusはともにIPS液晶だが、iPhone Xでは有機ELを採用。

 解像度はiPhone 8が1334×750ピクセル、iPhone 8 Plusが1920×1080ピクセルで7/7 Plusと変わらない。iPhone Xは2436×1125ピクセルで、画素密度は「iPhone史上最大」という458ppiとなる。

指紋認証「Touch ID」廃止 代わりに顔認証「Face ID」へ

 ホームボタンを廃止したiPhone Xでは、指紋認証は使えない。代わりに、iPhone Xの前面上部に配置した専用のセンサー群とフロントカメラ(まとめて「TrueDepthカメラ」と呼ぶ)でユーザーの顔を生体情報として認証する「Face ID」を採用した。Face IDはXのみ対応で、8/8 Plusは従来通りTouch IDでの認証となる。

 Face IDでは、前面から赤外光を照射し暗闇でも顔を照らして認識できる。また、前面の「ドットプロジェクター」が光の点を顔に照射することで、ユーザーの顔の形を精密に計測する。顔認識には機械学習を用い、写真はもちろん、精巧なマスクや双子であっても認証を突破できないよう工夫した。

iPhone Xのインカメラ「TrueDepthカメラ」 ポートレートモード搭載

 iPhone Xのインカメラは、Face IDのための技術を詰め込んだ「TrueDepthカメラ」により、従来のFaceTime HDカメラになかった「ポートレートモード」や、さまざまなライト効果を試せる「ポートレートライティング」(ベータ版)、リアルタイムに顔の向きや表情をキャラクターに変換して動く絵文字にする「アニ文字」機能を新たに搭載した。iPhone 8/8 Plusのインカメラは7/7 Plusと同じFaceTime HDカメラとなる。

ITmedia NEWS

トピックスRSS

ランキング