GPSがないPCで現在地を特定できる理由

ITmedia NEWS / 2018年6月26日 7時0分

写真

船舶などでは欠かせないものです

 こんにちは。日本HPで製品企画を担当している白木智幸です。皆さんはPCのブラウザでマップを開いたときに、現在地が表示されてびっくりした経験はないでしょうか。GPSを搭載しているスマートフォンなどでは当たり前の機能ですが、「PCでも現在位置が分かっちゃうの?」と不思議に思った方もいるかもしれません。今回はそんな素朴な疑問に切り込んでみたいと思います。

●おなじみの「GPS:グローバル・ポジショニング・システム」とは

 現在位置を特定する仕組みといえば、GPSを思い浮かべる方が多いはずです。もともと米国の軍事用途に開発されたといわれていますが、実際、スマートフォンはおろか、フィーチャーフォンの時代以前からGPSはは民生機などに組み込まれ、一般の人にとっても身近な存在となりました。

 まるでスパイ映画のように、ジャングルの奥地でも太平洋上でも、基本的に空が見渡せる場所であれば、地球上どこでも居場所を特定できる素晴らしいものです。

 GPSは、地球上を周回する人工衛星から送られる「衛星の位置情報」と「その位置情報を含む電波を発した時刻」を使って自身の位置を特定します。1度に4つ以上の人工衛星から電波を受信することで、現在位置(緯度、経度)を割り出すのです。

 少し余談ですが、一般相対性理論で解説されているように、地球上と宇宙空間は重力が異なり、後者はわずかに時間が早く進んでいます。正確な時計を使っていても必ず誤差が生じるため、人工衛星は時計の誤差を自動的に修正しながら運用しているそうです。こんなストーリーから、私はGPSにちょっとロマンを感じてしまいます。

 さて、GPSで得られる情報は緯度と経度だけです。この数字をネットから取得した地図に当てはめることで、私たちユーザーは便利に見やすく使えるようになります。

 ちなみにGPSにはA-GPSといって、「携帯の基地局から送られる衛星軌道データとGPSの時刻信号を組み合わせて位置を割り出すタイプ」と、「衛星から送られてくる衛星軌道データとGPSの時刻信号を利用するスタンドアロン」の2つがあります。

 スタンドアロンの場合は、電源を入れてから最初の測位を完了するまでに時間はかかりますが、ネットにつながらない圏外でも位置を割り出せます。A-GPSの場合は、携帯基地局からGPS測位に必要な衛星軌道データを高速に得られるので、電源を入れてから素早く測位できるのが特徴です。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ITmedia NEWS

トピックスRSS

ランキング