「池袋暴走、加害者の息子はクボタ執行役員」デマ拡散 クボタ「親戚関係等はない」

ITmedia NEWS / 2019年4月23日 13時10分

写真

クボタのニュースリリースより

 東京・池袋で乗用車が暴走し、10人が死傷した事故で、車を運転していた飯塚幸三さんの息子がクボタの役員だといううわさがネットで拡散した。クボタは4月22日付のプレスリリースでうわさを否定。息子と名指しされた同社役員について「親戚関係等はない」と説明した。

 事故を起こした飯塚さんは、旧通産省工業技術院の院長で、クボタの副社長も務めていた。クボタは飯塚さんについて「すでに当社を退職しており、会社としてのコメントは控える」とした。

 また、「クボタ執行役員の飯塚智浩さんは、事故を起こした飯塚さんの息子では」とのうわさも流れたが、クボタは「親戚関係等はない」と否定した。

 飯塚さんをめぐってはネットでさまざまな憶測が流れ、真偽不明の情報がTwitterで拡散されたりまとめブログなどに掲載され、検索上位に表示される事態になっている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング