Firefoxに危険度最高の脆弱性で更新リリース、既に攻撃を確認

ITmedia NEWS / 2019年6月19日 7時31分

写真

 Mozilla Foundationは6月18日(現地時間)、Webブラウザ「Firefox」のセキュリティアップデート「Firefox 67.0.3」と「Firefox ESR 60.7.1」をリリースした。危険度が最高の「Critical」の重大な脆弱性に対処する。この脆弱性を悪用した攻撃を既に確認したとしている。

 この脆弱性を悪用されると、ユーザーが悪意あるWebページにアクセスすると攻撃者にPCを乗っ取られる恐れがある。米国土安全保障省も公式サイトでアップデートを呼び掛けている。

 MozillaはSecurity Advisoryで「Array.popの問題により、JavaScriptを操作する際に脆弱性が発生する可能性がある。この脆弱性を悪用するとシステムのクラッシュが可能。既にこの脆弱性を悪用する標的型攻撃を確認している」と説明している。

 この脆弱性は、米GoogleのGoogle Project Zeroと米Coinbaseのセキュリティチームが報告した。

 Firefoxの更新は[≡]→「Firefoxについて」をクリックして更新を確認することで可能だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング