ソフトバンクも出資するWeWorkがIPO申請 上半期は9億ドル超の純損失

ITmedia NEWS / 2019年8月15日 9時12分

写真

We Companyのトップページ

 コワーキングスペース「WeWork」を提供する米We Companyは8月14日(現地時間)、米証券取引委員会(SEC)に新規株式公開(IPO)の登録書を公開で提出した。上場先はまだ不明だが、ティッカーシンボルは「WE」になる。公募で10億ドルを調達するとあるが、最終的には少なくとも3倍になるとみられている。

 WeWorkは2010年創業のニューヨークに拠点を置き、企業やフリーランサーにコワーキングスペースを貸し出すオフィスシェア企業だ。住宅や教育事業にも手を広げ、1月に会社名をWeWorkからWe Companyに変更した。

 SEC提出文書によると、2019年上半期の売上高は約15億ドルで純損失が9億400万ドル。米Dropboxや米Uberなどと同様の赤字上場になる。

 現在の会員数は52万7000件で、会員の40%は企業顧客。29カ国の111の都市で528のシェアオフィスを運営している。14日にはソフトバンクとの合弁会社WeWork Japanが横浜市との提携を発表している。

 ソフトバンクグループが最大の外部株主で、米Benchmark、J.P.Morganがそれに続く。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング