Amazon、気候変動対策の一環で電動配送車10万台発注

ITmedia NEWS / 2019年9月21日 6時48分

写真

気候公約について語るジェフ・ベゾスCEO

 米Amazon.comは9月19日(現地時間)、パリ協定の目標を10年前倒しで達成するコミットメント「The Climate Pledge(気候公約)」への署名と、その一環として電動配送車10万台を発注したことなどを発表した。

 ジェフ・ベゾスCEOは「気候変動問題の解決のために、Amazonのサイズとスケールを利用することにした。Amazonほどの巨大物理インフラを持つ企業がパリ協定の目標を10年前倒しで達成できれば、どんな企業でも可能だろう」と語り、他の企業にも気候公約への署名を呼び掛けた。

 気候公約に署名する企業は、以下を実施する。

・温室効果ガスの排出量の定期的な測定と報告

・効率改善、再生可能エネルギー、材料削減、その他の炭素排出削減戦略など、実際のビジネスの変化と革新を通じて、パリ協定に沿った脱炭素戦略を実施する

・2040年までに年間の二酸化炭素排出量をゼロにするために、未達成の排出量は社会的に有益なオフセットで埋め合わせる

 10万台の電動配送車は、米新興自動車メーカーRivianに発注した。電動配送車での配送は2021年から開始する見込みだ。Amazonは同社に4億4000万ドル出資しており、2030年までに10万台の電動配送車が稼働し、年間400万トンの二酸化炭素削減が可能としている。

 同社はまた、世界の森林や湿地の再生と保護のためのファンド「Right Now Climate Fund」を立ち上げ、1億ドル拠出することも発表した。

 Amazonは2月、2030年にゼロカーボン出荷50%達成という目標を発表したが、従業員らがこれを不十分だとして署名運動を展開した。

 新たな目標は、2024年までに再生可能エネルギー80%に、2030年までに100%に到達するとしている。同社は、こうした取り組みを説明する持続可能性のWebサイトも開設した。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング