トヨタ、「ネットにつながる実験都市」静岡に建設へ 自動運転・ロボットなど導入 2000人が居住

ITmedia NEWS / 2020年1月7日 12時9分

写真

 トヨタ自動車は1月7日、あらゆるモノやサービスがネットを介してつながる都市「コネクティッド・シティ」を静岡県に建設すると発表した。2020年末に閉鎖する東富士工場(静岡県裾野市)の跡地を利用し、21年初頭に着工。将来的に約71万平方メートルの街を作る計画だ。自動運転・ロボット・スマートホーム技術などを試験的に導入し、有用性を検証する。

 街には「Woven City」(ウーブン・シティ)との愛称も付ける。初期はトヨタの従業員やプロジェクトの関係者など2000人程度が暮らす予定だ。住民は、室内用ロボットなどの新技術を利用できる他、センサーが取得した体調のデータをAIで分析し、健康状態を管理できる。

 都市内部の道は、走行できる乗り物に応じて3種類に分け、それぞれを網の目のように織り込んだ構造にする。

 道の種類は(1)多目的電気自動車「e-Palette」など、完全自動運転車や電気自動車のみが走行する道、(2)歩行者とパーソナルモビリティが共存する道、(3)歩行者専用の遊歩道──を予定。e-Paletteは人の輸送やモノの配達に加え、移動用店舗としても活用する。

 街の建物は主に、二酸化炭素の排出量と吸収量が等しい木材で造り、屋根に太陽光発電パネルを設置するなど、環境との調和や持続可能性に配慮する。燃料電池発電システムなどのインフラは全て地下に設置する。

 この他、街の中心部や各ブロックには、人々が集う場として公園や広場を用意し、住民がオフラインでも交流できるようにする。

 トヨタは「この街で、技術やサービスの開発と実証のサイクルを素早く回すことで、新しいビジネスモデルを生み出し続ける」としている。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング