Google、サードパーティー製CookieのChromeでのサポートを2年以内に終了へ

ITmedia NEWS / 2020年1月15日 9時9分

写真

Googleが参加するWeb広告改善を目指すグループのサイト

 米Googleは1月14日(現地時間)、Webブラウザ「Chrome」でのサードパーティー製Cookieのサポートを段階的に廃止し、2年以内に完全に廃止する計画を発表した。Webでのプライバシー強化の取り組みの一環。

 Mozillaおよび米Appleは昨年、既にそれぞれのWebブラウザ(「Firefox」と「Safari」)のデフォルト設定でサードパーティー製Cookieをブロックしている。Googleでもブロックできるが、手動で設定する必要がある。

 Googleは、「一部のWebブラウザはサードパーティー製Cookieをブロックすることで、ユーザーのプライバシーへの懸念に対応したが、この対策はユーザーとWebエコシステムの双方に悪影響を及ぼす可能性がある」と主張。昨年8月に提唱したセキュリティサンドボックスをWeb標準プロセスで確立するまで段階的に対応していくとしている。

 同社はまた、2月のChromeのアップデートで、サードパーティーで使うためにラベル付されたCookieにHTTPS経由のアクセスを要求する計画も発表した。これにより、安全でないクロスサイトトラッキングを制限する。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング