KDDI、月2480円で20GBの新プラン「povo」 5G通信も対応 「3キャリアで最安値目指した」

ITmedia NEWS / 2021年1月13日 11時0分

写真

「povo」のイメージとKDDIの高橋誠社長

 KDDIは1月13日、月間のデータ通信容量の上限が20GBの新プラン「povo」(ポヴォ)を月額2480円(税別、以下同)で3月から提供すると発表した。高橋誠社長は「3キャリアの中で最安値を目指した」としている。

 当面は4G通信のみに対応し、夏以降は5G通信も使えるようにする。ネットワークはauと共通で、通話料は30秒ごとに20円。月間データ容量の上限を超えたときは通信速度が最大1Mbpsになる。追加容量は1GBにつき500円で提供する。契約手続きは専用サイトのみで受け付ける。

 ベースの通信プランに、ユーザーがオプションとして自由に加えられる「トッピング」というサービスも提供する。例えば、1日だけデータを使い放題にしたいときには、24時間だけデータ容量が使い放題になる「データ使い放題 24時間」(1回200円)をオプションとして一時的に適用できる。

 他にも、1回あたり5分以内の国内通話を何度でもかけられる「5分以内通話かけ放題」(月額500円)や、「通話かけ放題」(月額1500円)も提供。毎月、適用するかどうかを選択できるようにする。トッピングはサービス開始以降、順次追加する予定。

 携帯電話料金の値下げを巡っては、KDDIとソフトバンクがサブブランドで月20GB・4000円前後のプランを発表。その後、ドコモが月20GB・2980円の「ahamo」、ソフトバンクも月20GB・2980円の新プランを発表している。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング