清々しいほどの開き直り! 北九州市「スペースワールド」が12月末閉園に向けた新CMを公開

ねとらぼ / 2017年3月20日 22時20分

写真

終わる悲しみを感じさせる……と思いきや

 2017年12月末に閉園することが決定しているテーマパーク「スペースワールド」(北九州市)が、2017年春のCM「所信表明篇」を公開しています。まさかの開き直りだと……?

 冒頭では、1990年にグランドオープンしてからの思い出の映像をバックに、「オープンを覚えてくれているすべての人、27年間1度でも遊びに来てくれた人、すべての人にもう1度来て欲しい」というナレーションが。さらに夕暮れ時の園内に集合するスタッフたちの画も相まって、哀愁漂う雰囲気に。

 そして「閉園申し訳ありません。でも、最後までがんばります」と所信表明が終わったかなと思ったタイミングで、まさかの「なくなるョ!」の掛け声に「全員集合」と拳を上げて返すスタッフの面々。さらには音楽やテロップまでコメディー色あふれる展開に切り替わるという徹底ぶり。ここまでくると清々しい……!

 スペースワールドは12月31日のグランドフィナーレまで無休で営業することを発表していて、ファイナルイヤーイベントとして思い出を振り返る「27年間のあゆみ展」などを開催。さらに園内のアトラクションを疑似体験できる360度VRムービーギャラリーを公式サイトで公開しています。

 同テーマパークは、2016年12月に閉園を発表。また、その1カ月前の2016年11月には「5000匹の魚を氷漬けにしたアイスリンク上でスケートができる」という演出を行い炎上し、その後同企画の中止が発表されるなどで話題になっていました。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング