「あったかくてきもちいいのにゃ……」 暖房前であたたまる猫ちゃんの“無”な表情と後ろ姿に癒される

ねとらぼ / 2017年12月7日 22時0分

写真

「(きもちいいにゃ……)」

 文明の利器を使ってあたたまる猫の「ラフ」くんが、なんだかユニークでかわいい姿を披露しています。とてもいい表情だ……。

 猫ちゃんたちが暖かい風が出るファンヒーターの前に大集合する画はもはや冬の風物詩といった感じですが、ラフくんの場合はだいぶ距離を離しつつ向かいの壁にペタリと張り付くような体勢に。なぜかお顔だけ壁ではなく、隣の部屋をのぞくように飛び出ているのが特徴的です。

 体を伸ばしてリラックスしつつ、お顔は「無」といった表情なのが逆に気持ちよさそう。

 飼い主のきゃらめる家さんが「毎年毎年、あたたまり方が普通じゃないのはどうしてですか?」とツイートしているように、暖房前でのユニークなポーズは毎冬の恒例の様子。別の体勢では、お顔を横向きに壁を枕にして寝ていて、基本的に背中・おしり側をあたためるスタイルのようです。きっとそのポーズのまま固まってるんだろうな……かわいい。

 ときにはフワッとしたマフラーをぐるぐる巻いた姿も見られ、ファッショナブルにあたたまる姿も。きゃらめる家さんの愛猫は、ラフくん以外に「やや」ちゃん、「パオ」くん、そして天国に旅立った「きなこ」ちゃんがおり、それぞれがマフラーをかわいく身に着ける姿を見ることができます(ややちゃんは苦手とのこと)。

 ちなみにラフくんとパオくんは以前、家の近くに来ていた「カニ」に熱視線を送る姿が話題に。最近はカニではないものの、ラフくんが装飾品の「鹿」や本物の「柿」に熱視線を送る姿が見られ、その困ったようなかわいい表情が猫好きの心を癒やしています。

画像提供:きゃらめる家(@michiru522)さん

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング