ボストン・ダイナミクスのきもカワ犬ロボットが「仲間を呼ぶ」を習得

ねとらぼ / 2018年2月14日 11時18分

写真

ほないくでー

 バック宙を決めるロボットから、暴れ馬のようなスタイルで奇妙に動くロボット、バナナの皮で滑って転んでしまう不気味ロボットなどで知られる、ソフトバンク傘下のロボット開発企業ボストン・ダイナミクスが新たな映像を公開。4足歩行の小型モデル「SpotMini」に黒いアームを取り付けた新モデルを紹介しています。

 てくてくと「SpotMini」が登場。しかし閉ざされたドアに道を塞がれてしまい、通れません。

 しかし、ヤツには新しい力を得た仲間がいた! 奥にスタンバイしていたアーム付き「新型SpotMini」を呼び出し、その力を借りることに。

 新型機は堂々とした足取りでドアの前へ。アームを伸ばして位置を調整して、迷いなくドアの取手をつかみました。

 少しだけ引き開けた後、前足(?)と頭(?)を使ってよいしょっとドアを開ける仕草は、まさに“脱走”が得意な犬くんや猫ちゃんと全く同じ。ロボットであることを忘れてしまうかわいさです。

 ボストン・ダイナミクスはこれまでにもさまざまな2足・4足歩行ロボットを開発し、その驚異的な性能を見せつける映像を公開しています。今回の映像はそれらと比べると少し地味かもしれませんが、こういった日常生活における細やかな動作を安定して「自然」に実行させるのは、ちょっとやそっとでできることではありません。

 一家に1台、公共の場所にも1台、お手伝いロボットの時代もそう遠くなさそうだと予見させるには十分すぎる映像でした。

ねとらぼ

トピックスRSS

ランキング